宮城の偉人

【日本民主主義の父】吉野作造(よしの さくぞう)・宮城の偉人

【日本民主主義の父】吉野作造(よしの さくぞう)・宮城の偉人

宮城県志田郡大柿村(大崎市・旧古川市)生まれ。

1878 (明治11)年1月29日-1933 (昭和8)年3月18日 56歳

大正期の政治学者、思想家。
「民本主義」を唱え、大正デモクラシーの理論的指導者として活躍した偉人。『日本民主主義の父』

 

日本民主主義の父

宮城県第一中学校(仙台第一高校)、旧制第二高等学校を経て、東京帝国大学法科大学政治学科に入学、小野塚喜平次に師事し、首席で卒業、同大学院も卒業。二高時代にキリスト教の洗礼を受ける。

卒業後の1906年、清国袁世凱家の私教師になる。その後、政治史及政治学研究のため欧州留学。帰国後の1914(大正3)年、東京帝国大学法科大学教授。この間『中央公論』を中心に活発な評論活動を行う。

とくに『中央公論』1916 年1月号に発表された、「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」は、吉野を一躍論壇の寵児たらしめた。
「政治の目的は一般民衆の利福に在るべし」さらに、「政策の決定は一般民衆の意向に拠るべし」と主張した(民本主義)。

松尾尊兌氏によれば、吉野作造は主に次の4つの面で実績を上げたという。
①民本主義を鼓吹して普通選挙と政党政治の実現に寄与し、大正デモクラシーを主導したこと。
②友愛会、新人会を通して労働運動の発展を助けたこと。
③朝鮮・中国のナショナリズムをいちはやく直視してこれと連帯する道を探り、民本主義の国際的に適用したこと。
④民本主義を歴史的に根拠づけるため明治文化研究会を組織し日本近代史研究の道を開いたこと。

作造が主張した「民本主義」はDemocracyの訳語で、「国家の主権は法理上人民に在り」と「国家主権の活動の基本的目標は政治上人民に在るべし」という2つの意味があるが、民本主義は後者の意味を表わすときに使われる。主権在民(民主主義)の主張ができない、天皇主権の明治憲法下にあって、Democracyが世界の大勢であると論じ、それを最大限に追及するために、その意味を整理・展開し、普通選挙の上に立つ政党内閣制を主張し、大正デモクラシーの機運を盛り上げた作造の功績は大きい。

 

吉野作造ゆかりの地

吉野作造記念館(宮城県大崎市・旧古川市)

吉野作造墓所 多磨霊園(東京都府中市)

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 西田幾多郎(にしだ・きたろう)・石川の偉人
  2. 【新選組副長】土方歳三(ひじかた としぞう)・東京の偉人
  3. 【日本初公認女性医師】荻野吟子(おぎの・ぎんこ)・埼玉の偉人
  4. 【明治の義人】田中正造(たなか しょうぞう)・栃木の偉人
  5. 林子平(はやし しへい)・宮城の偉人
  6. 【沖縄学の父】伊波普猷(いは ふゆう)・沖縄の偉人
  7. 【北海道文学の父】有島武郎(ありしま たけお)・北海道の偉人
  8. 【日本のナイチンゲール】瓜生岩(うりゅう いわ)・福島県の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP