江戸時代

浅野総一郎(あさの・そういちろう)・富山の偉人

浅野総一郎(あさの・そういちろう)・富山の偉人

越中国氷見郡藪田村(富山県氷見市)生まれ。

1848(嘉永元)年4月13日-1930(昭和5)年11月9日 83歳

明治の実業家。浅野財閥総帥。

セメント王。資源再生王。臨海工業地帯開発の父。

医師の次男として生まれる。24歳の時、御茶の水で裸一貫「水売り」から出発する。コークス、コールタールの廃物利用で儲け、浅野セメントの設立をきっかけに浅野造船所(後の日本鋼管、現JFE)など多数の会社を設立。渋沢栄一や安田善次郎の協力のもと、一代で浅野財閥を築く。京浜工業地帯の発展に寄与する。京浜工業地帯の埋立地に鶴見臨港鉄道(鶴見線の前身)を設立し、浅野駅にその名を残す。
渋沢栄一は「浅野の仕事は、国家の進運に伴なって必要なものが多くあったと申してよい。・・金欲より事業欲の強かった点をどこまでも敬服しております」と述懐している。

 

浅野総一郎銅像(浅野学園・横浜市神奈川区子安台)

横浜市鶴見区HP

東亜建設工業HP

浅野総一郎墓所 横浜市鶴見区・総持寺

浅野総一郎(あさの・そういちろう)1848-1930

明治から昭和にかけての実業家。浅野財閥の創設者。

越中国氷見郡藪田村(富山県氷見市)の医家浅野泰順の次男として嘉永元年(1848)3月10日に生まれた。幼名泰次郎。6歳の時父に死別、医家宮崎南禎の養子となったが14歳の時生家に戻り、さらに慶応2年(1868)、近村の豪農鎌仲惣右衛門の養子に迎えられ、惣一郎と改名した。

この前後から地元物産の販売業を試みたが失敗を重ね、明治3年(1870)養家を逐われた。

5年夏上京、雑業を転々とした後、翌6年横浜に薪炭・石炭販売店を開いた。

8年ごろ、石炭販売先の横浜瓦斯局で廃棄されるコークスに着目、その一手払下げを受け、工部省深川工作分局のセメント工場へ燃料として売り込むことに成功した。また王子抄紙部(のちの王子製紙会社)への石炭販売を契機として、その総理渋沢栄一の知遇を得ることになった。

同16年、渋沢の斡旋で深川セメント工場を借り受け、翌年その払下げを受けるに至った。

10年代末からの企業勃興気運に乗って、浅野のセメント事業は急速に発展し、彼が有力な産業資本本家に成長する基盤となった。

一方、彼は多方面にわたる産業部門への進出を企図し、それらのうち明治末年までにセメント製造と並ぶ主要事業となったのは、同16年創立の磐城炭礦と29年創立の東洋汽船であった。
この間、26年には総一郎と改名。

明治末から第一次世界大戦直後に至る時期に、彼の事業活動は最も盛んになった。特に同45年、渋沢栄一・安田善次郎らの協力を得て着手した京浜間の地先海面150万坪の埋立事業は、そこへ関係企業の工場を相ついで設立する契機となり、埋立地およびその付近には、浅野セメント、女婿白石元次郎がもと八幡製鉄所技師今泉嘉一郎と協力して設立した日本鋼管、浅野造船所、浅野製鉄所などがつぎつぎと進出した。

埋立地へ送電するために彼は水力発電事業も手がけた。当時、横浜市が工業招致政策を推進していたためもあって、神奈川県方面における工場進出が活発化しており、また川崎町を中心とする多摩川下流沿岸も工場地化しつつあった。

浅野の埋立事業はこれらと結びつき、京浜臨海工業地帯の中核部分をつくりあげた。のちに北九州小倉や尼崎でも同様の築港埋立事業を企てた。

以上のほかにも、浅野が生前直接・間接に関係した企業は50社を超え、麦酒・肥料・銀行・保険などの部門にも一時関係し、彼が一生関係をもたなかった産業分野は紡績と製糖ぐらいであるといわれた。

大正7年(1918)には関係事業の持株会社として浅野同族会社を創立し財閥の形態をととのえたが、
金融面では、明治31年浅野セメント工場を合資会社組織にした時以来、特に安田と密接な関連を保ち、また渋沢も終始力になった。

なお、産業界以外における業績としては、浅野綜合中学、および浅野共済病院の設立がある。

昭和5年(1930)11月9日没。83歳。没後は長男泰治郎が二代目総一郎の名をついだ。

参考文献 浅野泰治郎・浅野良三『浅野総一郎』(日本近現代人名辞典)

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【日本地図の父・測量の父・自然科学の父】伊能忠敬(いのう・ただた…
  2. 【新選組副長】土方歳三(ひじかた としぞう)・東京の偉人
  3. 【南極探検家】白瀬矗(しらせ のぶ)・秋田の偉人
  4. 石原莞爾(いしわら かんじ)・山形の偉人
  5. 横山源之助(よこやま げんのすけ)・富山の偉人
  6. 【明治の義人】田中正造(たなか しょうぞう)・栃木の偉人
  7. 【沖縄学の父】伊波普猷(いは ふゆう)・沖縄の偉人
  8. 【日本女性初ジャーナリスト】羽仁もと子(はに もとこ)・青森の偉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP