鳥取の偉人

原勝(はら まさる)・鳥取の偉人

1895年-1891年

『砂丘利用研究の先駆者』

北海道大学農学部林学科を卒業し、林学担当の唯一の教官として招かれた。緑化にあたって原勝を悩ませたのは研究文献の不足であった。

「日本では、砂丘の科学的研究が殆ど行われていなかったし、学校の図書館にも『海岸砂丘』など、ドイツ語の原書が二冊あっただけである。東京や京都に行って、文献を持っていそうな学者をたずねて貸してもらったり、アメリカから植物生態学の雑誌を取り寄せたり、初歩から始めるようなものだった」

書物によって知識を高める一方、鳥取県内の主な砂丘地を歩き回って、日本海側の砂丘地の実態を調査した。まず砂の研究から初め、砂の実態を掴んだら砂を防ぐ方法を研究した。研究費や機材、人手も不足し、私費をつぎ込むこともあったという。

開始から8年後の1931年(昭和6年)に基礎研究が一段落し、1932年、8年間の研究を纏めた論文「砂丘造林に関する研究」で林学博士の学位を受けた。

鳥取県内各地の砂丘造林は、この研究が土台となってその後急速に進むが、原勝はその後もフランス海岸松や黒松の植林、地力増進のために落葉広葉樹を混合する方法、砂防垣の実用化などを案出した。

戦後になると鳥取県だけでなく、全国各地の砂丘造林を進める上でも、原勝の研究は大変役にたっており、砂丘にある記念碑には「砂丘はわが心の友」という原勝の言葉が刻まれている。(鳥取県HPより)

人気ランキング応援クリック!ご協力お願いします。

関連記事

  1. 稲村三伯(いなむら さんぱく)・鳥取の偉人
  2. ふるさと100話<67> 北脇永治(鳥取県鳥取市)
  3. 西尾寿造(にしお としぞう)・鳥取の偉人
  4. 亀井茲矩(かめい・これのり)・鳥取/島根の偉人
  5. 香川景樹(かがわ かげき)・鳥取の偉人
  6. 磯野長蔵(いその ちょうぞう)・鳥取の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP