香川の偉人

平賀源内(ひらが げんない)・香川の偉人

讃岐国寒川郡志度浦(香川県さぬき市志度)生まれ。

1728(享保13)年-1779(安永8年12月18日) 52歳

蘭学者、本草学者、作家、画家、博物学者、戯作者、発明家、陶芸家
学芸百般、多才・異能の人。
好奇心を絶やさず、和・漢・蘭全ての学問・文芸に挑戦した偉人。

平賀源内を歩く―江戸の科学を訪ねて

高松藩足軽身分の家に生まれる。

好奇心旺盛な性格で、12歳頃には、からくり掛軸の「お神酒天神」を作成し、その評判が元で13歳から藩医の元で本草学を学び、儒学を学ぶ。
また、俳諧グループに属して俳句なども行う。

1749年(22歳)に父の死により家督を継ぎ、平賀姓を名乗る。

1752年(25歳)頃に1年間長崎へ遊学し、本草学とオランダ語、医学、油絵などを学ぶ。留学の後、27歳頃に藩の役目を辞し、妹に婿養子を迎え家督を譲る。

1755年(28歳)頃に、量程器を作製、また藩の重臣の求めで磁針器を作製した。
その後、大坂、京都で学び、さらに1756年(29歳)には江戸に出て本草学者田村元雄に弟子入りして本草学を学び、漢学を習得するために林家にも入門して湯島聖堂に寄宿する。

その後、二度目の長崎遊学、鉱山の採掘や精錬の技術を学ぶ。

物産博覧会を度々開催し、江戸においては知名度も上がり、杉田玄白らと交友する。高松藩の家臣として再登用されるが、学問に専念するために辞職する。

1763年(36歳)には『物類品隲』を刊行。賀茂真淵にも入門。また、石綿を素材に防火布のオリジナルともいえる「火浣布(かかんぷ)」や、寒暖計を製作するなど自然科学分野でも名をあげる。

戯作者としても才筆を振るい、肩のこらない読み物「風流志道軒伝」6巻や、浄瑠璃本「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」などで封建社会を風刺し、戯作者の元祖の一人にも数えられている。

1773年(46歳)には秋田藩主佐竹義敦に招かれて鉱山開発の指導を行い、また秋田藩士小田野直武に蘭画の技法を伝え、「秋田蘭画」が開花。「秋田蘭画」は、西洋画法の祖、司馬江漢(しばこうかん)にも影響を与えた。

1776年(49歳)には長崎で手に入れたエレキテル(摩擦起電気)の復元に成功する。

1778年(52歳)、2人を殺傷して投獄され、翌年獄死、享年52。

平賀源内先生遺品館の銅像・台石正面には、源内の親友、杉田玄白の言葉が刻まれている。
「ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常の死なる」 
非常の人とは、普通の人ではなく、凡人の域を遙かに超えた人、という意味

源内は「天竺浪人」と自ら名乗ったように、本能のままに生きた自由人であった。

平賀源内先生遺品館・旧邸(香川県さぬき市志度)

エレキテル所蔵・逓信総合博物館(東京都千代田区大手町2-3-1)

源内の描いた現存する唯一の油彩画・神戸市立博物館(兵庫県神戸市中央区京町24)

平賀源内墓所・浅草総泉寺跡(東京都台東区橋場2-22-2)

平賀源内墓所・微雲窟自性院(香川県さぬき市志度 1105) 

本草学者 平賀源内 (講談社選書メチエ)
本草学者 平賀源内 (講談社選書メチエ)

関連記事

  1. ふるさと100話<80> 岡良伯と広島の人々(香川県丸亀市)
  2. 奈良専二(なら せんじ)・香川の偉人
  3. 柴野栗山(しばの りつざん)・香川の偉人
  4. 津島寿一(つしま じゅいち)・香川の偉人
  5. 第七十五代:崇徳天皇(すとく)
  6. 菊池寛(きくち かん)・香川の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP