長野の偉人

伊沢修二(いさわ しゅうじ)・長野の偉人

信濃国伊那谷高遠城下生まれ(長野県伊那市高遠町)。

1851(嘉永4)年6月30日-1917(大正6)年5月3日 67歳

明治、大正時代の教育者。近代教育の開拓者。
東京音楽大学(現東京芸大)初代校長。

高遠の藩校の進徳館で学び、藩の貢進生として大学南校(東京大学の前身)に進学する。1877(明治5)年には文部省へ出仕し、のちに工部省へ移る。1874(明治7)年、愛知師範学校校長となる。

翌年、文部省より師範学校教育調査のためにアメリカ留学を命ぜられ、マサチューセッツ州ブリッジウォーター師範学校のグラハム・ベルから視話術を、ルーサー・メーソンから音楽の基礎や教育法を学ぶ。また、ハーバード大学で理化学を学び、1878(明治11)年5月に帰国。

体操伝習所主幹、東京師範学校長、音楽取調掛を歴任。教育行政官として、教員養成、体育・音楽教育、盲唖教育などの日本で未開拓の分野を開拓した。また、来日したメーソンと協力して『小学唱歌集』を編纂。1888(明治21)年には東京音楽学校長となり、国家教育社を創設して忠君愛国主義の国家教育を主張、教育勅語の普及にも努める。

1895(明治28)年には、日本の領土となった台湾へ渡り台湾民生局の学務部長として植民地教育行政に従事。台北北部の芝山巌(しざんがん)に小学校「芝山巌学堂」を設立するが、1896(明治29)年1月、伊沢が帰国中に、日本に抵抗する武装勢力に同校が襲撃され、6名の教員が殺害される事件が発生した(芝山巌事件)。

1897(明治30)年には勅選貴族院議員。晩年は吃音矯正事業に務め、楽石社を創設した。

伊沢修二生家(伊那市高遠町)

伊沢修二墓所 雑司が谷墓地(東京都豊島区南池袋)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 太宰春台(だざい しゅんだい)・長野の偉人
  2. 佐久間象山(さくま・ぞうざん)・長野の偉人
  3. ふるさと100話<43> 荻原豊次(長野県軽井沢町)
  4. 臥雲辰致(がうん・ときむね)・長野の偉人
  5. 島崎藤村(しまざき とうそん)・長野の偉人
  6. 小林一茶(こばやし いっさ)・長野の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP