江戸時代

河井継之助(かわい・つぐのすけ)・新潟の偉人

河井継之助(かわい・つぐのすけ)・新潟の偉人

長岡藩・長岡城下(長岡市長町)生まれ。

1827(文政10年1月1日)-1868( 慶応4年<明治元年>8月16日)42歳

越後長岡藩の家老上席、軍事総督。号は蒼龍窟。
近代国家を見据えた改革者・『長岡の蒼龍』。

 

長岡の蒼龍

藩校の崇徳館などで朱子学を学ぶが、後に陽明学に傾倒する。
江戸に出て佐久間象山に学び、備中松山を訪ねて山田方谷の教えを受けた後に帰郷。

後に、長岡藩の上席家老となり、藩政改革を断行。藩の財力を養い、雄藩も目を見張る近代武装を成し遂げた。

戊辰戦争では、中立を唱えたが受け入れられず、遂に抗戦を決意。軍事総督となり、巧みな戦術で一旦は敵の手に落ちた長岡城を、奇襲で奪還。しかし、次第にふくれあがる敵の兵力には太刀打ちできず、再度の落城で長岡軍は会津へと向かう。

継之助も被弾しながらも会津へ敗走するが途中、塩沢村(福島県只見町)で悲運の最期を遂げた。

幕末の風雲を駆け抜けた継之助の生涯をまとめた司馬遼太郎の『峠』は有名。
「幕末の人材を眺めていて、どう考えても河井継之助という者は、木戸孝允より三倍ほど上でした。 もし彼が、薩摩か長州に生まれていれば、お札に顔が印刷されていただろうと思います。」(司馬遼太郎)

河井継之助、29歳のとき、詠んだ詩。

十七誓天擬補国(十七天に誓い 補国に擬す)
春秋廿九宿心(春秋二十九 宿心たおる)
千載此機可得難(千載この機得ること難かるべし)
世味知来長大息(世味知り来って 長く大息す)

 

河井継之助ゆかりの地

河井継之助邸跡<生誕地>(長岡市長町)

河井継之助記念館(新潟県長岡市)

長岡市郷土資料館(長岡市御山町80-24)

河井継之助記念館・墓所<塩沢医王寺>(福島県南会津郡只見町塩沢字上の台850-5)

河井継之助墓所・栄凉寺(長岡市東神田3-5-6)

河井継之助墓所・建福寺(福島県会津若松市)

関連記事

  1. 大倉喜八郎(おおくら きはちろう)・新潟の偉人
  2. 二宮尊徳(にのみや そんとく)・神奈川の偉人
  3. 【北海道開発の父】間宮林蔵(まみや りんぞう)・茨城の偉人
  4. 【南極探検家】白瀬矗(しらせ のぶ)・秋田の偉人
  5. 巻菱湖(まき りょうこ)・新潟の偉人
  6. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人
  7. 山本五十六(やまもと いそろく)・新潟の偉人
  8. 浅野総一郎(あさの・そういちろう)・富山の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP