江戸時代

【北海道開発の父】間宮林蔵(まみや りんぞう)・茨城の偉人

【北海道開発の父】間宮林蔵(まみや りんぞう)・茨城の偉人

常陸国筑波郡上平柳村(現・茨城県つくばみらい市、旧・伊奈町)生まれ

1775(安永4)年-1844(弘化元年2月26日)

冒険家、幕府隠密、『文政の三蔵』とよばれる。

 

間宮海峡の発見

農家の子に生まれる。地理や算術の才能を見込まれ、幕府の役人となる。1800年、南千島に派遣され、同地にきていた伊能忠敬に測量技術を学ぶ。1808年、幕命によって樺太を探査し、島であることを確認(間宮海峡の発見)。さらにシベリアの黒竜江下流地方も探査した。晩年は幕府隠密ともいわれている。

 

間宮林蔵ゆかりの地

間宮林蔵生家・記念館(つくばみらい市)

間宮林蔵墓所(専称寺・茨城県つくばみらい市上平柳)

間宮林蔵墓所(本立院墓地・東京都江東区平野2-7-8)

間宮林蔵の世界

 

関連記事

  1. 会沢正志斎(あいざわ せいしさい)・茨城の偉人
  2. 徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)・茨城の偉人
  3. 浅野総一郎(あさの・そういちろう)・富山の偉人
  4. 二宮尊徳(にのみや そんとく)・神奈川の偉人
  5. 【算聖】関孝和(せき たかかず)・群馬の偉人
  6. 【南極探検家】白瀬矗(しらせ のぶ)・秋田の偉人
  7. 【日本初公認女性医師】荻野吟子(おぎの・ぎんこ)・埼玉の偉人
  8. 岡倉 天心(おかくら てんしん)・茨城の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP