大分の偉人

三浦梅園(みうら ばいえん)・大分の偉人

豊後国(大分県国東市安岐町富清)生まれ。

1723(享保8)年9月1日-1789(寛政元)年4月9日 66歳

豊後の儒医。豊後聖人と呼ばれる。
広瀬淡窓・帆足万里とともに「豊後の三賢」。

三浦梅園

天文の知識に深く、儒学と洋学の知識をあわせた自然哲学である条理学を提唱した。著書に、哲学原理の『玄語』、道徳説の『敢語』、物価論の『価原』など。

三度旅をした以外は、故郷の国東半島を離れることなく、医業の傍ら学問を続けた。

三浦梅園資料館(大分県国東市安岐町富清2507-1)
資料館となりに梅園旧宅ものこされている。

三浦梅園墓所(大分県国東市安岐町富清)

三浦梅園自然哲学論集 (岩波文庫)
三浦梅園自然哲学論集 (岩波文庫)

江戸人物科学史―「もう一つの文明開化」を訪ねて (中公新書)
江戸人物科学史―「もう一つの文明開化」を訪ねて (中公新書)

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 福沢諭吉(ふくざわ ゆきち)・大分の偉人
  2. 井上準之助(いのうえ じゅんのすけ)・大分の偉人
  3. 毛利空桑記念館(大分県大分市)
  4. 広瀬淡窓(ひろせ たんそう)・大分の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP