三重の偉人

本居宣長(もとおり のりなが)・三重の偉人

伊勢松阪(三重県松阪市)生まれ。

1730(享保15)年6月21日-1801(享和元)年9月29日 

江戸時代の国学者、古典研究家。
荷田春満、賀茂真淵とともに「国学三大人」のひとり。
賀茂真淵、契沖とともに「三哲」のひとり。

本居宣長

木綿商の家に生まれるが、23歳で医師となるため京都に遊学し、26歳で医師の免許を得た。

宝暦7年(1757)松阪に帰り、町医者となる。

1863年、松坂に立ち寄った賀茂真淵に対面してその門に入り、国文学の研究から神話・神道の研究に移っていった。宣長34歳のときである。
この時の二人の対面が佐々木信綱(ささき のぶつな)の名文で知られ、小学校国語読本にも載せられた「松阪の一夜」である。

宣長は、神代では神は人であり、神と神わざは人びとが見聞触知しえた経験的事実であると考え、『古事記』の神話を実証的に研究し、35年をかけて『古事記伝』44巻を執筆する。
日本固有の道を明らかにする宣長の古道説が展開された。

また、宣長は「源氏物語」や和歌を深く研究し、物語や歌は「もののあわれを知る」ことがテーマであるという文学論を大成する。「もののあわれ」とは物や事に触れて揺れ動く人の心を言うことばで、「もののあわれを知る」極地が恋であると説いた。

主著は他に『源氏物語玉の小櫛』、『玉勝間』、『うひ山ふみ』、『秘本玉くしげ』、『菅笠日記』など。

鈴と山桜をこよなく愛し、書斎を「鈴屋」と呼び、また山室山にある奥墓には山桜が植えられている。

 しき嶋の 山跡ごゝろを人とはゞ 朝日にゝほふ やま桜花  

本居宣長生誕地・旧宅
20080927 144
20080927 14320080927 141

本居宣長記念館(三重県松阪市殿町1536-7)

20080927 14720080927 146

20080927 145

本居宣長記念館

本居宣長先生修学地(京都市下京区綾小路通新町東入南側)

本居宣長像(松阪第一小学校・三重県松阪市殿町1349-1)

本居宣長墓所 松阪市山室町妙楽寺

〔 本居宣長 ・売れ筋ベスト3(Amazon)〕

1位
本居宣長〈上〉 (新潮文庫)
本居宣長〈上〉 (新潮文庫)

2位
本居宣長「うひ山ぶみ」 (講談社学術文庫)
本居宣長「うひ山ぶみ」 (講談社学術文庫)

3位
本居宣長とは誰か (平凡社新書)
本居宣長とは誰か (平凡社新書)

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 松尾芭蕉(まつお ばしょう)・三重の偉人
  2. 沢村栄治(さわむら えいじ)・三重の偉人
  3. 丹羽保次郎(にわ やすじろう)・三重の偉人
  4. 松浦武四郎(まつうら たけしろう)・北海道/三重の偉人
  5. 近藤真琴(こんどう まこと)・三重の偉人
  6. 御木本幸吉(みきもと こうきち)・三重の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP