長野の偉人

佐久間象山(さくま・ぞうざん)・長野の偉人

佐久間象山(さくま・ぞうざん)・長野の偉人

信州松代(長野市松代町)生まれ。

1811(文化8)年3月22日-1864(元治元)年8月12日 54歳

幕末期の兵学者、思想家。

 

信濃国松代藩士の子として生まれる。幼少より儒学、和算を学び、江戸に出て佐藤一斉に学んだ。1839年江戸に私塾象山書院を開く。1842年藩主・真田幸貫が海防掛老中になると、海外事情の研究を命ぜられ、江川太郎左衛門に西洋兵学を学ぶ。また、藩主あてに「海防八策」を提出。1850年、深川藩邸で砲学の教授をはじめ、勝海舟・吉田松陰・橋本佐内・河井継之助ら多くの有能な人材を教えた。

ペリー来航に際しては、老中阿部正弘に「急務十条」を提出。1854年、吉田松陰の密航事件に連座し、その後8年間松代で蟄居した。1864年、幕命で上京し、開国論の立場から公卿、諸侯の間を奔走するが、同年、京都三条木屋町にて尊攘派に暗殺された。

なお、象山の呼び名については、地元では『ゾウザン』と呼ぶ。

佐久間象山生誕地(長野県長野市松代町

象山記念館(長野県長野市松代町)

象山神社(長野県長野市松代町)

佐久間象山顕彰碑(野毛山公園・神奈川県横浜市西区老松町20)

佐久間象山寓居跡(京都市中京区)

佐久間象山遭難碑(京都市中京区三条通木屋町北西角)

佐久間象山墓所(妙心寺・京都市右京区)

佐久間象山墓所(蓮乗寺・長野県長野市松代町)

関連記事

  1. ふるさと100話<43> 荻原豊次(長野県軽井沢町)
  2. 臥雲辰致(がうん・ときむね)・長野の偉人
  3. 島崎藤村(しまざき とうそん)・長野の偉人
  4. 太宰春台(だざい しゅんだい)・長野の偉人
  5. 小林一茶(こばやし いっさ)・長野の偉人
  6. 伊沢修二(いさわ しゅうじ)・長野の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP