佐賀の偉人

佐野常民(さの・つねたみ)・佐賀の偉人

佐野常民(さの・つねたみ)・佐賀の偉人

佐賀県佐賀市川副町早津江生まれ。

文政5年(1823)12月28日-1902(明治35)年12月7日 80歳

佐賀七賢人のひとり。
日本の赤十字事業の父。博愛の人。

佐野常民
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

佐賀藩士の子に生まれ、藩医佐野常徴の養子となる。
藩校弘道館を経て江戸、大阪、京都に遊学し、緒方洪庵のもとで学ぶ。

その後、長崎海軍伝習所で新しい技術を習得。

慶応3年(1867)パリ万博には藩代表として派遣され、明治5年(1872)にはウイーン万国博覧会副総裁となる。

以後、大蔵卿、元老院議長、枢密顧問官などを歴任。明治25年(1892)には松方内閣の農商務相を短期間つとめた。

西南戦争の際に傷病兵を敵味方分け隔てなく救済する必要性を感じ博愛社を設立した。

博愛社は明治20年(1887)に日本赤十字社と名称を変更し、初代日本赤十字社社長となった。

御一新の光と影 (日本の『創造力』―近代・現代を開花させた470人)

赤十字社―日本赤十字社の初代社長佐野常民

佐賀藩士の子として生まれた佐野常民は、修学ののち、藩の精練方主任となって理化学の推進に努めたが、渡仏して赤十字の存在を知り、その精神に強く共鳴した。
帰国後明治新政府のもとで海軍の創設や灯台の建設に尽力するとともに、西南戦争の犠牲者救護のために博愛社を設立、のちこれを日本赤十字社と改めて初代社長となった。
以来今日まで同社は、国や人種の垣根を越えて、災害や国際紛争などの被災者救援活動を続けている。

佐野常民生誕地(佐賀県佐賀市川副町)

佐野常民記念館(佐賀県佐賀市川副町)

佐野常民銅像(佐野常民記念館前庭&記念館内)

赤十字情報プラザ(東京都港区芝大門1-1-3・日本赤十字社本社)

佐野常民墓所(東京都港区・青山霊園)

火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民
火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民

日赤の創始者 佐野常民 (歴史文化ライブラリー)
日赤の創始者 佐野常民 (歴史文化ライブラリー)

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 副島種臣(そえじま たねおみ)・佐賀の偉人
  2. 鍋島直正(なべしま なおまさ)・佐賀の偉人
  3. 大隈重信(おおくま しげのぶ)・佐賀の偉人
  4. 大木喬任(おおき たかとう)・佐賀の偉人
  5. 江藤新平(えとう・しんぺい)・佐賀の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP