岐阜の偉人

杉原千畝(すぎはら ちうね)・岐阜の偉人

岐阜県加茂郡八百津町八百津生まれ。

1900(明治33)年1月1日-1986(昭和61)年7月31日 86歳

6000人の命を救った外交官。

1900(明治33)年:1月1日、父好水と母やつの二男として出生。八百津町で幼少時代を過ごし、その後、父の仕事の関係で三重県や名古屋市で生活する。

1917(大正6)年:愛知県立第五中学校を卒業後、父の希望により京城医学専門学校を受験するも、白紙答案を出し不合格となる。

1918(大正7)年:早稲田大学に入学したが、1919年中退し、外務省の留学生としてハルピンに留学。

1924(大正13)年:任外務書記生となり、2月満州里在勤命令、12月にはハルピン在勤命令がでる。

1932(昭和7)年:満州国外交部特派員公署事務官となり、翌年には北満州鉄道の譲渡を巡りソ連との交渉を始める。

1937(昭和12)年:ソ連勤務を命じられていたが、ソ連から入国を拒否され、フィンランドのヘルシンキ公使館勤務になる。

1939(昭和14)年:リトアニアの首都カウナスに領事館開設を命じられる。

1940(昭和15)年:7月、ユダヤ難民への日本通過ビザの大量発給を始め、8月26日までに、計2,139家族に日本通過ビザを出す。8月29日カウナス領事館を閉鎖。9月5日カウナス駅より国際列車にてベルリンへ出発。チェコのプラハ総領事館に勤務。

1941(昭和16)年:2月28日に、ドイツ領のケーニヒスベルグ総領事館勤務を命じられ、11月にはルーマニアのブカレスト公使館勤務を命じられる。

1945(昭和20)年:ブカレスト郊外の捕虜収容所に収監される。

1947(昭和22)年:4月に帰国(九州博多)。6月に外務省退官。

1960(昭和35)年:商社の事務所長としてモスクワ赴任。以後、会社を二度変わったが、引き続き現地で勤務。

1968(昭和43)年:千畝がビザを発給して助かったニシュリ氏と28年ぶりに再会する。 1969(昭和44)年:難民時代に杉原が助けたバルハフティク・イスラエル宗教大臣から勲章を受ける。

1975(昭和50)年:退職

1985(昭和60)年:イスラエル「諸国民の中の正義の人賞」(ヤド・バシェム賞)を受賞。日本人では最初。

1986(昭和61)年:7月31日、神奈川県鎌倉で死去。  
(八百津町HPより)

杉原千畝記念館(岐阜県加茂郡八百津町八百津1071)

岐阜県八百津町HP

人道の丘(八百津町)

杉原千畝・杉原千畝生誕100年記念事業委員会HP

リトアニア杉原記念館

杉原千畝フラッシュ

その時歴史が動いたHP

関連書籍

人気ランキング応援クリック!


関連記事

  1. 中村久子(なかむら ひさこ)・岐阜の偉人
  2. 佐藤一斎(さとう いっさい)・岐阜の偉人
  3. 津田左右吉(つだ そうきち)・岐阜の偉人
  4. 郷誠之助(ごう せいのすけ)・岐阜の偉人
  5. 下田歌子(しもだ うたこ)・岐阜の偉人
  6. 坪内逍遥(つぼうち しょうよう)・岐阜の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP