静岡の偉人

豊田佐吉(とよだ さきち)・静岡の偉人

遠江国山口村(静岡県湖西市)生まれ。

1867(慶応3)年3月19日-1930(昭和5)年10月30日 64歳

豊田自動織機創業者。
十大発明家の一人。「発明王」と称せられた。
現在のトヨタグループの基礎をつくった偉人。

豊田佐吉1
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

【郷里を、日本を裕福にしたい… 】

豊田佐吉は、明治維新が間近に迫った慶応3年(1867年)、吉田領山口村(後の敷知郡吉津村字山口、現在の湖西市山口)に生まれました。佐吉は、小学校を卒業すると父・伊吉の大工仕事を手伝っていましたが、貧困にあえぐ村の暮らしを見て「郷里の貧乏を救わなければならない」という郷土愛に燃えるようになりました。そして、学問の必要性を痛感し、東京からわざわざ新聞を取り寄せたり、村の同志を集めて「夜学会」を開いたりしました。こうして広く世間を見る目が肥えてくると、当時の日本が郷里吉津村と同様に貧乏であることが分かってきました。そこで佐吉の郷土愛は祖国愛に変わっていったのでした。その祖国愛を実現する方法が、すなわち「発明」だったのです。「発明」によって、日本の産業を発展させ、日本を裕福な国にしようと考えたのです。

【母の姿を見て、自動織機の発明を志す】

しかし、一体何を発明したらいいかは容易に定まりませんでした。そんなとき目についたのが、母の機を織る姿でした。当時の織機は「バッタンハタゴ」という極めて原始的な機械で、一反の木綿を仕上げるのに多くの時間と労力を費やさなければなりませんでした。明治20年(1887年)、佐吉はこの手機(てばた)の改良を志し、寝食を忘れて研究・工夫に熱中しました。 しかし、織機に関しての知識もなく、周囲の理解も得られない佐吉にとって、この研究は困難を極めました。それでも佐吉は決してあきらめず、発明に精進しました。そして、明治23年(1890年)、ついに最初の発明「豊田式木製人力織機」を完成させたのです。佐吉24歳のときでした。翌24年(1891年)、この「豊田式木製人力織機」で初めての特許を取りました。その後も佐吉は研究を続け、明治27年(1894年)にはかせくり機を、29年には木鋳混製動力織機を発明するなど、その発明は生涯を通じて119件にものぼりました。

【世界に追いつけ、追い越せ】

また、佐吉は、終生の目標であった海外にも目を向け、明治43年(1910年)には初めて欧米に渡り、その広大な国土、機械を使った効率的な農業、工場の設備の巨大さ、機械の精巧さに驚きました。しかし、織機・紡績工場を見学してみて、自分の発明した織機が必ずしも世界の一級品に劣るものではないという結論を得ました。大正10年(1921年)には中国上海に「豊田紡織廠」を設立、昭和3年(1928年)にはインドへ工場設備を輸出、翌4年(1929年)にはイギリスのプラット・ブラザーズ社へ国産技術を輸出しました。こうして、「世界に追いつけ、追い越せ」の執念は実を結び、ついに佐吉の自動織機は世界に認められたのでした。 佐吉のこの歩みが、自動車をはじめとする日本の産業の著しい発展の礎となりました。その功績は、わが国の産業史はもちろん、郷里湖西の市史を飾る一大金字塔として永遠に不滅です。(湖西市HPより)

豊田佐吉3
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

豊田佐吉記念館・生誕地(静岡県湖西市)

200703311037000

200703311055000

豊田佐吉銅像(豊田佐吉記念館内)
200703311038000

200703311038001

トヨタテクノミュージアム・産業技術記念館(名古屋市西区則武新町)

十大発明家(特許庁HP)

豊田佐吉墓所 北山墓地(名古屋市東区)

豊田佐吉とトヨタ源流の男たち
豊田佐吉とトヨタ源流の男たち

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 賀茂真淵(かもの まぶち)・静岡の偉人
  2. 鈴木梅太郎(すずき うめたろう)・静岡の偉人
  3. 由井正雪(ゆい しょうせつ)・静岡の偉人
  4. 江原素六(えばら そろく)・静岡の偉人
  5. 山葉寅楠(やまは・とらくす)・和歌山/静岡の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP