北海道の偉人

榎本武揚(えのもと たけあき)・北海道の偉人

榎本武揚(えのもと・たけあき)・北海道/江戸の偉人

江戸下谷御徒町(東京都台東区御徒町)生まれ、北海道ゆかりの偉人。 
 
天保7(1836)年8月25日―明治41(1908)年10月26日 73歳

幕臣、政治家、外交官 海軍中将。
逓信大臣、文部大臣、外務大臣、農商務大臣を歴任。
小栗忠順、大鳥圭介とともに「幕末三傑」と称される。

榎本武揚2
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

昌平坂学問所で儒学を学び、ジョン(中浜)万次郎の私塾で英語を学んだ後、安政3年(1856)長崎海軍伝習所に入所。
安政5年(1858)には軍艦操練所教授となって海軍術の研究を続けた。

文久2年(1862)オランダ留学し、砲術・蒸気機関学・理学・化学などを学ぶ。

慶応2年(1866)幕府がオランダに発注した軍艦開陽丸に乗船して帰国した。

榎本武揚3
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

明治元年(1868)海軍副総裁となる。
幕府崩壊(江戸城開城)後、官軍による軍艦の接収を拒否し、函館五稜郭で官軍に抵抗するが降伏、獄中生活を過ごす。

黒田清隆や福沢諭吉らの尽力で特赦され、開拓使四等出仕となり、北海道開発に従事した。

明治7年(1874)海軍中将兼駐露公使となり、ペテルブルグに赴き、翌年樺太・千島交換条約を締結する。

外務大輔、海軍卿、駐清公使を経て、第1次伊藤博文内閣の(初代)逓信大臣に就任した。

黒田清隆内閣で逓信大臣・農商務大臣・文部大臣、第1次山県有朋内閣で文部大臣、第1次松方正義内閣で外務大臣・農商務大臣を歴任した。

榎本武揚1
(国立国会図書館・近代日本人の肖像より)

榎本武揚ゆかりの地・函館 

榎本武揚顕彰碑(北海道江別市工栄町・榎本公園内)

榎本武揚墓所(吉祥寺・東京都文京区本駒込3)

榎本武揚 (中公文庫)
榎本武揚 (中公文庫)

榎本武揚 シベリア日記 (講談社学術文庫 1877)
榎本武揚 シベリア日記  (講談社学術文庫 1877)

近代日本の万能人 榎本武揚
近代日本の万能人 榎本武揚

関連記事

  1. 黒田清隆(くろだ・きよたか)・鹿児島/北海道の偉人
  2. ふるさと100話<2> 古平町の人たち(北海道古平郡古平町)
  3. ふるさと100話<1> 麓長吉と江差の人々(北海道檜山郡江差町)…
  4. 松浦武四郎(まつうら たけしろう)・北海道/三重の偉人
  5. 【北海道文学の父】有島武郎(ありしま たけお)・北海道の偉人
  6. シャクシャイン・北海道の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP