宮城の偉人

林子平(はやし しへい)・宮城の偉人

江戸生まれ  仙台ゆかりの偉人

1738(元文3)年~1793(寛政5)年 55歳

江戸時代中期の学者、経世論家。

高山彦九郎、蒲生君平とならんで「寛政三奇人」と称された。

仙台藩に殖産興業の策を建白し、各地を遊歴、国防の重要さを説く。著作に「海国兵談」「三国通覧図説」。これが幕府に忌み嫌われ出版は禁止、身柄は禁錮の処分を受け不遇のうちに没。しかし、その主張の正しさは子平の死後60年たったペリー来航により証明されたといえる。

海国兵談の一節。「日本橋より唐 おらんだ まで境なしの水路なり」

ゆかりの地 
 
仙台市博物館

林子平墓所(龍雲寺・宮城県仙台市青葉区子平町19-5)

 

江戸人物科学史―「もう一つの文明開化」を訪ねて (中公新書)
江戸人物科学史―「もう一つの文明開化」を訪ねて (中公新書)

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 志賀潔(しが きよし)・宮城の偉人
  2. 高橋是清(たかはし・これきよ)・宮城の偉人
  3. 工藤平助(くどう へいすけ)・宮城の偉人
  4. 只野真葛(ただの まくず)・宮城の偉人
  5. 【日本民主主義の父】吉野作造(よしの さくぞう)・宮城の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP