福島の偉人

星一(ほし はじめ)・福島の偉人

福島県磐城郡(いわき市)生まれ。

1873年(明治6年)12月25日-1951(昭和26)年1月19日 78歳

明治の実業家。星製薬の設立者、星薬科大学の創立者。
「製薬王」とよばれた。
SF作家・星新一の父でもある。
野口英世のパトロン(資金援助)としても知られる。

1894(明治27)年、東京商業学校を卒業後、アメリカへ渡り、苦学しながらコロンビア大学を卒業。帰国後、星製薬株式会社をおこし、モルヒネやコカインといったアルカロイドの国産化を行い、湿布薬「イヒチオール」の事業化に成功する。

五反田に当時としては画期的な近代的製薬工場を建設。ホシ胃腸薬のヒットや日本で初めてキニーネの製造をするなど発展し東洋一の製薬会社と言われるほどになる。

アメリカ時代に知り合った野口英世は親友。有名な野口の帰国の費用は、すべて星が持っている。

1908年(明治41)年には、衆議院議員選挙に立候補し、当選。無所属で独自の活動を行う。

1918年(大正7)年、SF小説『三十年後』発表。

1921年(大正10)年、星製薬商業学校(現・星薬科大学)を設立。

1925年(大正14)年、阿片令違反で起訴される。解剖学者小金井良精の次女、せい と結婚、翌年、長男・親一が誕生(後の星新一)。

1937年(昭和12)年、衆議院議員に2回目の当選。

1945年(昭和20)年、星製薬は空襲で主力工場を破壊され、敗戦で海外拠点を失うが、再建に努める。

1946年(昭和21)年、衆議院議員に3回目の当選。

1947年(昭和22)年、第1回参議院議員選挙全国区に最高得票で当選。

1951年(昭和26)年、ロサンゼルスにて永眠(78歳)。

星製薬は息子の親一が継いだが既に経営は傾いており、親一は会社を手放して、後に日本を代表するSF作家星新一となる。

1922(大正11)年発行、星一著作『親切第一』は、彼の死後もロングセラーとなって人々に語り継がれている。

『 凡ての人々がこの親切第一に心掛け、そして之を実行することの尠きを責めるやうになつたなら、其時の世の中はどうなるだろうか。それは言ふまでもなく、世の中の個人と個人、家族と家族、国家と国家とが完全に融和することになる。而して融和の結果として、個人、家族、国家の繁栄を来し、向上を来すやうになるのである。 』

星薬科大学HP

関連書籍

人気ランキング応援クリック!ご協力お願いします。

関連記事

  1. ふるさと100話<14> 服部ケサ(福島県須賀川市)
  2. ふるさと100話<15> 野口英世・野口シカ(福島県猪苗代町)
  3. 安藤信正(あんどう のぶまさ)・福島の偉人
  4. 【日本のナイチンゲール】瓜生岩(うりゅう いわ)・福島県の偉人
  5. 野口英世(のぐち ひでよ)・福島の偉人
  6. 亜欧堂田善(あおうどう でんぜん)・福島の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP