岩手の偉人

石川啄木(いしかわ たくぼく)・岩手の偉人

石川啄木(いしかわ たくぼく)・岩手の偉人

岩手県岩手郡日戸村(現盛岡市玉山区、旧玉山村)生まれ。

1886(明治19)年2月20日-1912(明治45)年4月13日 27歳

薄幸の国民的歌人

岩手の僻村・渋民の神童とうたわれ、その自尊心の強さと誇りの高さ、強情さと短気で時代と環境にうまく折り合いをつけることのできなかった啄木は、それ故に貧困と流離の生活を余儀なくされ、病苦のうちに26歳の若さで亡くなりました。

しかしその苦難の生活の中から生まれた哀切で切実、自分の内面を吐き出した叙情的な短歌は、日本人の誰もが一首や二首暗記していたほど愛された国民的歌人であったといえましょう。彼の生存中出版されたのは詩集「あこがれ」と歌集「一握の砂」の2冊だけ。それだけ見ても啄木の不運と薄幸の生涯を類推することができます。

啄木は盛岡中学時代から文学を志しますが、卒業直前に恋愛問題で退学。上京してその夢を果たそうとしますが病のため半年で帰郷。生活苦のためやがて母校の渋民小学校の代用教員となり小説の執筆に意欲を燃やしますが、ここでも校長排斥のストライキを起こして失職。

翌年、職を求めて北海道に渡り、函館、小樽、札幌、釧路と転々としながら新聞記者として働きます。しかし文学への思い止みがたく1908年(明治41年)再び上京、朝日新聞に校正係として入社、のち歌壇の選者としても活躍します。そしてこの時期、歌集「悲しき玩具」に収録される批評精神を媒介とした短歌を詠む一方で、鋭い先見性と批評性に満ちた文明批評を執筆していくのです。

国民的生活派歌人として愛されてきた啄木ですが、彼の本領はこの文明批評にあるのではないでしょうか。自然破壊が進む文明の現状に対して「それは地獄の門に至るの道なるを知らざるか」とすでに警告を発していた啄木は、1910年の大逆事件を契機に急速に社会主義思想に接近し、近代文学史上に画期的な意義を持つといわれる「時代閉塞の現状」を執筆するのです。それは強力な国家権力によって閉じこめられた時代の現状を打破するためには、当時を支配していた自然主義では不可能であり、時代状況を組織的に考察し、「明日」の必要という唯一の真実を求めるべきであると主張するものでした。

「時代に没頭していては時代を批評することは出来ない」という啄木の言葉は、今もなお生き生きとして新しいといえるのです。(北東北こだわり百科より)

石川啄木記念館(岩手県盛岡市玉山区渋民字渋民9)

もりおか啄木・賢治青春館(岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25)

石川啄木函館記念館・啄木浪漫館(北海道函館市日乃出町25-4)

函館市文学館(北海道函館市末広町22-5)

石川啄木小公園(北海道函館市日乃出町)

蓋平館別荘跡(東京都文京区本郷6-10-12)

石川啄木歌碑(東京都中央区銀座6-6-7朝日ビル前)

国際啄木学会HP

石川啄木一族墓所(北海道函館市住吉町16)

関連書籍

関連記事

  1. 後藤新平(ごとう しんぺい)・岩手の偉人
  2. 【Bushido: The Soul of Japan『武士道』…
  3. 高野長英(たかの ちょうえい)・岩手の偉人
  4. ふるさと100話<5> 千葉惣左エ門(岩手県一関市・旧花泉町)
  5. 原敬(はら・たかし)・岩手の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP