新潟の偉人

大倉喜八郎(おおくら きはちろう)・新潟の偉人

新潟県新発田市生まれ。

1837(天保8)年10月23日-1928(昭和3)年4月22日 91歳

明治・大正期の実業家。大倉財閥を設立。

 18歳で上京。乾物店主の後、神田で鉄砲店を開業。戊辰戦争で官軍御用をつとめ巨利を得る。明治5年、35歳のとき欧米の商売を学ぶべく洋行。帰国後の明治6年貿易商となり大倉組商会を設立。以後、軍需品調達の御用商人として巨富を積み、大倉財閥を設立。鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場などは渋沢栄一と共に設立したことでも有名。
 新しいこと、人のやらない事に敢然と挑む冒険心から、『稀にみる士魂の持ち主』と評された。
 一方で、庶民からは死の商人と嫌われたが、公共・教育・慈善事業に惜しみなく資財を投じた。大倉商業(現東京経済大学)、大倉山ジャンプ台(札幌市)、大倉山公園(神戸市)など。 
 昭和3年91歳で没。

ホテルオークラ大倉集古館(日本初の私立美術館)

祇園閣(大倉喜八郎別荘) 京都市東山区

大倉喜八郎墓所 東京都文京区・護国寺

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 山本五十六(やまもと いそろく)・新潟の偉人
  2. 川上善兵衛(かわかみ・ぜんべえ)・新潟の偉人
  3. 巻菱湖(まき りょうこ)・新潟の偉人
  4. 屋井先蔵(やい さきぞう)・新潟の偉人
  5. 前島密(まえじま ひそか)・新潟県の偉人
  6. 河井継之助(かわい・つぐのすけ)・新潟の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP