香川の偉人

柴野栗山(しばの りつざん)・香川の偉人

讃岐三木郡牟礼(香川県高松市・旧牟礼町)生まれ。

1736(元文元)年 - 1807(文化4年12月1日) 74歳

江戸後期の儒学者。
『寛政の三博士』のひとり。

栗山の号は郷里の八栗山からつけられる。

幼少より高松藩儒後藤芝山に学び、18歳の時、江戸に出て昌平黌に学び、林家の業を受け、貧困と病苦の中にありながら志を捨てず、学識を深め、かたわら詩文を学んだ。

30歳の時、京都に遊学。その後32歳で徳島藩に招かれ、儒官となり、その世子の教育に尽力。 後、京都に移り家塾を開き、朱子学に傾倒する。

1788年、53歳のとき老中松平定信の推挙を受け、昌平黌の教官となり、岡田寒泉らと学制の改革に努力し、いわゆる「寛政異学の禁」の発令に大きな成果をあげた。

その後、将軍世子の侍読となり、事あるごとに諮問を受けたという。

一方、詩文にも長じ、唐宋の詩文を良く学び、多くの詩を作っている。

栗山記念館(香川県高松市・旧牟礼町)

柴野栗山墓所・大塚先儒墓所(東京都文京区大塚5-23-1)

関連図書

関連記事

  1. 奈良専二(なら せんじ)・香川の偉人
  2. 第七十五代:崇徳天皇(すとく)
  3. 平賀源内(ひらが げんない)・香川の偉人
  4. 津島寿一(つしま じゅいち)・香川の偉人
  5. ふるさと100話<80> 岡良伯と広島の人々(香川県丸亀市)
  6. 菊池寛(きくち かん)・香川の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP