鹿児島の偉人

島津斉彬(しまづ なりあきら)・鹿児島の偉人

薩摩藩主(鹿児島市)生まれ。

文化6年(1809)9月28日-安政5年(1858)7月16日 50歳

11代薩摩藩主。
松平慶永(福井藩主)、山内容堂(土佐藩主)、伊達宗城(宇和島藩主)らと並んで「幕末の四賢侯」といわれる。

島津斉彬
(幕末・明治・大正 回顧八十年史より)

藩政改革派を伴い、中央政界でも活躍。徳川斉昭・老中阿部正弘・松平慶永・松平宗城ら諸侯と親交を結び、その国際的見識を高く買われた。

また、洋学に深い関心を示し、洋式紡織・洋式造船・反射炉・ガラス製造工場の建設や銃砲・火薬・硝子製造など行い、それら洋式工場群を集成館と名付けた。

ペリー来航以後の難局打開には、内においては公武合体体制の確立、外に対しては開国すべきだと唱えた。ところが1858年(安政5)4月、井伊直弼が大老となり、幼年の徳川慶福を将軍継嗣とし、日米修好通商条約の無勅許調印を強行し、これに反対する諸侯や朝臣の弾圧を始めた。このため、孝明天皇の密旨を奉じて、率兵上京しようとしていたが、急死。照国神社に祀られている。

志半ばで没したが、斉彬の抱いた尊王の大志は薩摩藩勤王運動の原点となった。

仙巌園(鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1) 

尚古集成館(鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1) 

照国神社・島津斉彬銅像(鹿児島県鹿児島市照国町19-35)

島津斉彬公御陣屋跡(鹿児島県鹿児島市下荒田2・天保山中学校内)

黎明館(鹿児島県鹿児島市城山町7-2)

島津斉彬墓所(鹿児島市池之上町・玉龍山福昌寺跡)

島津斉彬言行録 (岩波文庫 青 23-1)
島津斉彬言行録 (岩波文庫 青 23-1)

島津斉彬―時代の先を歩み続けた幕末の名君 (PHP文庫)
島津斉彬―時代の先を歩み続けた幕末の名君 (PHP文庫)

島津斉彬のすべて
島津斉彬のすべて

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. シドッチ(しどっち)・江戸の偉人
  2. 森有礼(もり ありのり)・鹿児島の偉人
  3. 五代友厚(ごだい ともあつ)・鹿児島の偉人
  4. 西郷隆盛(さいごう たかもり)・鹿児島の偉人
  5. 東郷平八郎(とうごう へいはちろう)・鹿児島の偉人
  6. 黒田清隆(くろだ・きよたか)・鹿児島/北海道の偉人
  7. 大久保利通(おおくぼ としみち)・鹿児島の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP