沖縄の偉人

山田真山(やまだ しんざん)・沖縄の偉人

沖縄県那覇市壺屋生まれ。

1885(明治18)年12月27日-1976(昭和51)年1月29日 93歳

沖繩平和祈念像をつくり、世界平和を願った芸術家

本名は渡嘉敷兼慎(とかしきけんしん)。子どもの頃は真山戸(まやまと)とよばれていた。7歳の時、一家は石垣に引越し、農業に励んだ。しかし、父が病気で死んでしまうと、母カメは、子どもたちを育てるため町に出て茶屋をはじめた。貧しくて、学用品も満足に買えない真山戸は、炭を使って近所の壁や塀に絵を描いては、怒られることもしばしばだったという。

絵を描くのが好きだった真山戸をかわいそうに思った母は、「そんなに絵がかきたいのなら、私の手のひらにかきなさい。洗えばいくらでもかけます。」と自分の手をさしのべた。そんな母の白い手のひらに、真山戸は、誰にとがめられることもなく絵をかいたという。それから一家は、兄の働く西表島に、移り住むことになった。10歳になっていた真山戸も、兄の働く炭こう事務所で給仕として働いた。

ある日のこと、真山戸が空きカンで船をつくって遊んでいると、大工の親方がやってきた。そして、「これは、おまえが作ったのか」と聞くなり、その船を手にとってじっくりとながめた。その出来ばえに感心し、りっぱな大工になれると信じた親方は、真山戸を養子として東京に連れて帰ることにした。

こうして真山戸は、東京で大工見習いとして働きはじめた。学校に通いながら、ごはんをつくったり、洗濯をしたり、柱や板にカンナをかけたり、大工の修業をつづけた。しかし、ある時、柱にカンナをかけていた真山戸は、柱の“ふし”が人の顔に見えてきたため、思わずその顔を彫りこんでしまうという失敗をしでかした。そのため、「お前なんぞは絵かきにでもなれ」と家をおいだされてしまった。

それから絵はがきの絵をかく店で働くことになった真山戸は、牛乳配達をしながら美術学校へ行くお金をためた。また、美術学校出身の山田泰雲の教えを受けることにした。これをきかっけに真山戸は、山田泰雲先生の「山田」という姓をもらい、山田真山と名乗るようになった。

美術学校に入学した真山は、彫刻と絵を学び、優秀な成績で卒業した。また、卒業と同時に中国の美術学校の先生になった。その後、東京にもどった真山は、明治神宮聖徳記念絵画館の『琉球藩設置』など、歴史に残る大作をかきあげ、美術界で注目されるようになった。

山田真山が沖縄に戻ってきてしばらくすると、第二次世界大戦がはじまった。戦場となった沖縄では、大勢の人が亡くなった。真山も、息子の命が奪われるという悲しみを味わった。戦争が終わると、アメリカの偉い軍人が真山の才能を認め、絵の具をあたえた。アメリカ軍の隊長から「新聞にのせる絵を毎日かいてほしい」とたのまれた時には、「画家は気分で筆をとるのだから、できない」と断ったこともあったが、アメリカ軍の命令と生活のため、肖像画や沖縄の風景画などをアメリカ人相手に描きつづけた。

悲惨な戦争を体験した真山は、つねに心の中で平和を願い、それをどう表わそうかと考えていたが、戦争で亡くなった人々の霊をなぐさめ、人類の平和を願う像をつくろうと思い立った。こうして73歳の時、山田真山は平和祈念像をつくりはじめた。お金がなく、たびたび中断したものの、真山は「芸術に必要なものは第一に心、第二に頭、そして三番目に年だ」と年老いた体にムチうちながらつくり続けた。しかし、平和祈念像ができ上がるまで、それから20年の歳月がかかった。

芸術に一生をささげた山田真山がなくなったのは1976(昭和51)年、93歳であった。(琉球文化アーカイブHPより)

沖縄平和記念堂(沖縄県糸満市摩文仁448-2)

明治神宮聖徳記念絵画館(明治神宮外苑)

関連書籍
沖縄の偉人・画伯山田真山
(崎原久) 沖縄出版社 昭和53年 2,500

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 尚真王(しょうしんおう)・沖縄の偉人
  2. 儀間真常(ぎま しんじょう)・沖縄の偉人
  3. 【沖縄学の父】伊波普猷(いは ふゆう)・沖縄の偉人
  4. 謝花昇(じゃはな のぼる)・沖縄の偉人
  5. 岩崎卓爾(いわさき たくじ)・沖縄の偉人
  6. 程順則(てい・じゅんそく)・沖縄の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP