兵庫の偉人

赤穂義士(あこうぎし)四十七士・兵庫の偉人

四十七士の墓所・泉岳寺(東京都港区高輪2-11-1)

大石内蔵助良雄(おおいし くらのすけ よしお)
赤穂生まれ。家老、1500石。
討ち入りの指導者。享年45。
墓所・一運寺(大阪市住吉区住吉2)

大石主税良金 (おおいし ちから よしかね)
赤穂生まれ。部屋住み。
大石内蔵助の嫡男。最年少の同志。享年16。
墓所・一運寺(大阪市住吉区住吉2)

原惣右衛門元辰( はら そうえもん もととき)
生誕地不明。足軽頭、300石。
早くから江戸の急進派に同調していた。享年56。
墓所・長久寺(大阪市中央区谷町8)

原了郭・香煎、黒七味の店(子孫の店・京都市東山区祇園町北側267番地)

片岡源五右衛門高房 (かたおか げんごえもん たかふさ)
尾張藩生まれ。側用人・児小姓頭、350石。
忠臣蔵では浅野内匠頭切腹の際に最後の対面。仇討ちを強硬に主張し独自の行動をとっていた。享年37。

平和公園墓碑(愛知県名古屋市千種区)

供養墓・乾徳寺(名古屋市中区新栄町)

菩提寺・妙蓮寺(京都市上京区)

堀部弥兵衛金丸(ほりべ やへえ かなまる)
前江戸留守居、前300石、隠居料20石。
同志のうち最年長者。享年77。

弥兵衛・安兵衛墓所 福泉寺(大阪市中央区中寺1)

堀部安兵衛武庸(ほりべ やすべえ たけつね)
越後国新発田藩生まれ。馬廻、200石。
新発田藩を放逐となり浪人していたが、高田馬場の決闘での活躍により、堀部弥兵衛の婿養子となり、赤穂浅野家の家臣となる。仇討ち急進派の中心人物。享年34。

堀部安兵衛生誕地(新潟県新発田市大手町5丁目地内・県立新発田病院となり)

新発田城・堀部安兵衛銅像(新潟県新発田市大手町6丁目地内)

堀部安兵衛碑、安兵衛が植えたとされる「石台松」・長徳寺(新発田市大栄町)

堀部安兵衛武庸之碑(東京都中央区八丁堀1-14)

堀部安兵衛と高田馬場

吉田忠左衛門兼亮(よしだ ちゅうざえもん かねすけ)
足軽頭・郡奉行、200石役料50石。
浪士の中では大石内蔵助に次ぐ人物として、これを補佐。享年64。

吉田忠左衛門、沢右衛門の墓所 本妙寺(京都市左京区)

吉田沢右衛門兼貞(よしだ さわえもん かねさだ)
部屋住み。吉田忠左衛門の嫡男。享年29。

近松勘六行重(ちかまつ かんろく ゆきしげ)
馬廻、250石。討ち入りの際に負傷。享年34。

近松家住宅(滋賀県野洲市比留田916)

近松勘六石碑・錦織寺(滋賀県野洲市)

間瀬久太夫正明(ませ きゅうだゆう まさあき)
大目付、200石。享年63。
間瀬久太夫があだ討ちを祈願して梅を植えた柿本神社(兵庫県明石市)
「八房梅」と名付けられた梅は、現在2代目。

間瀬孫九郎正辰(ませ まごくろう まさとき)
部屋住み。間瀬久太夫の嫡男。享年23。

赤埴源蔵重賢(あかばね げんぞう しげかた)
馬廻、200石。忠臣蔵では「徳利の別れ」で有名。享年35。

潮田又之丞高教(うしおだ またのじょう たかのり)
郡奉行、絵図奉行、200石。享年35。

富森助右衛門正因(とみのもり すけえもん まさより)
馬廻・使番、200石。享年34。

不破数右衛門正種(ふわ かずえもん まさたね)
篠山生まれ。元馬廻・浜奉行、元100石。
浪人していたが懇願して義盟に加わる。討ち入りでは最もめざましい働きをしたと伝わる。享年34。

宗玄寺・不破数右衛門碑(兵庫県篠山市古市)

岡野金右衛門包秀(おかの きんえもん かねひで)
部屋住み。美男で忠臣蔵の物語では大工の娘を通じて吉良屋敷の図面を手に入れている。享年24。

岡野金右衛門の墓 西方寺(京都市左京区北門前町)

小野寺十内秀和(おのでら じゅうない ひでかず)
京都留守居番、150石役料70石。享年61。
小野寺十内、幸右衛門の墓 西方寺(京都市左京区北門前町)

 
小野寺幸右衛門秀富(おのでら こうえもん ひでとみ)
部屋住み。小野寺十内の養子。享年28。

木村岡右衛門貞行(きむら おかえもん さだゆき)
馬廻・絵図奉行、150石。享年46。

木村岡右衛門の墓 興聖禅寺(松山市末広町14-4)

奥田孫太夫重盛(おくだ まごだゆう しげもり)
武具奉行、150石。享年57。

滋賀県東近江市・雪野山公園内に奥田孫太夫、貞右衛門の供養墓がある。

奥田貞右衛門行高(おくだ さだえもん ゆきたか)
部屋住み。奥田孫太夫の養子。享年26。

早水藤左衛門満尭(はやみ とうざえもん みつたか)
馬廻、150石。
刃傷事件の第一報を江戸から赤穂へ伝える。享年42。

息継ぎ井戸(兵庫県赤穂市加里屋)

矢田五郎右衛門助武(やだ ごろうえもん すけたけ)
馬廻、150石。享年29。

大石瀬左衛門信清(おおいし せざえもん のぶきよ)
馬廻、150石。享年27。

礒貝十郎左衛門正久(いそがい じゅうろうざえもん まさひさ)
物頭側用人、150石。享年25。

間喜兵衛光延(はざま きへえ みつのぶ)
勝手方吟味役、100石。享年69。

間十次郎光興(はざま じゅうじろう みつおき)
部屋住み。間喜兵衛の嫡男。
吉良上野介に一番槍をつけ、その首級をあげた。享年26。

間新六郎光風(はざま しんろくろう みつかぜ)
間喜兵衛の次男。
養子に出されたが養父と折り合いが悪く江戸に出て浪人になっていた。願い出て義盟に加えられた。享年24。
間新六の遺体は遺族が引き取り、築地本願寺別院(東京都中央区)に埋葬されている。(泉岳寺HP

中村勘助正辰(なかむら かんすけ まさとき)
書物役、100石。享年46。

中村勘助ゆかりの寺 浄専寺(兵庫県赤穂市折方)

千馬三郎兵衛光忠 (せんば さぶろべえ みつただ)
馬廻、100石。享年51。

菅谷半之丞政利(すがや はんのじょう まさとし)
馬廻・郡代、100石。享年44。

村松喜兵衛秀直(むらまつ きへえ ひでなお)
扶持奉行、20石5人扶持。享年62。

村松三太夫高直(むらまつ さんだゆう たかなお)
部屋住み。村松喜兵衛の嫡男。享年27。

倉橋伝助武幸(くらはし でんすけ たけゆき)
扶持奉行、20石5人扶持。享年34。

岡嶋八十右衛門常樹(おかじま やそえもん つねしげ)
札座勘定奉行、20石5人扶持。享年38。

大高源五忠雄(おおたか げんご ただお)
金奉行・膳番元方・腰物方、20石5人扶持。
吉良家出入りの茶人に接近して12月14日の吉良屋敷で茶会があることを聞きつけた。俳諧をよくして俳人宝井其角と交流があり、これをもととして「松浦の太鼓」の外伝が作られた。享年38。

大高源五の墓 薬王寺(大阪市中央区中寺1-3) 

大高源五の墓 西方寺(京都市左京区北門前町)

大高源五の墓 興聖禅寺(松山市末広町14-4)

矢頭右衛門七教兼(やとう えもしち のりかね)
部屋住み。父長助ともに義盟に加わったが仇討ち決行前に父は病死。享年17。

矢頭長助・右衛門七父子の墓 浄祐寺(大阪市北区堂島3-3-5)

勝田新左衛門武尭(かつた しんざえもん たけたか)
札座横目、15石3人扶持。享年24。

勝田新左衛門の墓 楽法寺山内(茨城県桜川市)

武林唯七隆重(たけばやし ただしち たかしげ)
馬廻、15両3人扶持。
吉良上野介の養子吉良左兵衛義周と切り結び負傷させ、炭小屋に隠れていた吉良上野介を討ち取った。享年32。

前原伊助宗房(まえばら いすけ むねふさ)
金奉行、10石3人扶持。江戸で呉服屋を開き吉良屋敷を探索。享年40。

貝賀弥左衛門友信(かいが やざえもん とものぶ)
中小姓・蔵奉行、10両3人扶持。享年54。

貝賀弥左衛門の墓所 本妙寺(京都市左京区)

杉野十平次次房(すぎの じゅうへいじ つぎふさ)
札座横目、8両3人扶持。享年28。

神崎与五郎則休(かんざき よごろう のりやす)
徒目付、5両3人扶持。享年38。

三村次郎左衛門包常(みむら じろうざえもん かねつね)
台所奉行・酒奉行、7石2人扶持。享年37。

横川勘平宗利(よこかわ かんべい むねとし)
徒目付、5両3人扶持。
12月14日に吉良屋敷で茶会があることを調べた。享年37。

茅野和助常成(かやの わすけ つねなり)
横目付、5両3人扶持。享年37。

寺坂吉右衛門信行(てらさか きちえもん のぶゆき)
吉田忠左衛門の足軽、3両2分2人扶持。
足軽では唯一の参加者。討ち入り後にただ一人、一党と別れる。討ち入り時は39歳。事件後に幾つかの家に仕えた後、江戸で没。享年83。

寺坂吉右衛門夫妻の墓 曹渓寺(東京都港区南麻布2-9-22)

墓所・一運寺(大阪市住吉区住吉2)

寺坂吉右衛門と伝えられる墓 実相寺(宮城県仙台市泉区) 

浅野内匠頭邸跡(東京都中央区明石町12先)

江戸城・松之廊下跡(東京都千代田区千代田1-1) 

浅野内匠頭終焉之地石碑・田村右京大夫屋敷跡(東京都港区新橋4)

四十八番目の義士・萱野三平(かやの さんぺい) 

萱野三平記念館・旧邸(大阪府箕面市萱野3-10-4)

息継ぎ井戸(兵庫県赤穂市加里屋)

吉良上野介屋敷跡(東京都墨田区両国3-13-9) 

吉良上野介と清水一学の墓・龍寶山萬昌院功運寺(東京都中野区上高田)

「義士洗足の井戸」のモニュメント・仙石伯耆守屋敷跡(東京都港区虎ノ門 2-9-16)

赤穂義士をまつる三がく寺・浅野藩三がく寺(泉岳寺・花岳寺・久学寺)

泉岳寺(せんがくじ)・東京都港区高輪2-11-1

花岳寺(かがくじ)・兵庫県赤穂市加里屋1992

久学寺(きゅうがくじ)・兵庫県加西市上芥田町

赤穂市立歴史博物館・塩と義士の館(赤穂市上仮屋)

五條天神社(東京都台東区上野公園4-17)
義士の遺品を12月14日のみ公開する。

赤穂義士資料館HP

赤穂義士子孫の会HP

関連記事

  1. 契沖(けいちゅう)・兵庫/大阪の偉人
  2. 藤原惺窩(ふじわら せいか)・兵庫の偉人
  3. 柳田国男(やなぎた くにお)・兵庫の偉人
  4. 宮本武蔵(みやもと むさし)・岡山の偉人
  5. 大石内蔵助(おおいし くらのすけ)・兵庫の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP