青森の偉人

太宰治(だざい おさむ)・青森の偉人

青森県北津軽郡金木村(現五所川原市・旧金木町)生まれ

1909(明治42)年6月19日-1948(昭和23)年6月13日 39歳

小説家、生きる不安・苦しみと闘いつづけた作家。

大地主の六男に生まれる。本名は津島修治。父は貴族院議員を務める。三兄文治は青森県知事を経て、衆議院議員・参議院議員になるという家柄だった。

県立青森中学のころ、作家を志望するようになり、校友会誌に小説や随想を発表した。四年修了で、旧制弘前高等学校に入学。このとき、芥川龍之介の自殺を知りショックを受ける。

翌年、同人雑誌「細胞文芸」を創刊。

昭和5年、東京帝大仏文科に入学してから、社会主義運動にのめりこみます。
しかし昭和7年には、兄文治の説得で社会主義運動と絶縁した。

昭和5年には、カフェーの女給と心中しようとしたが、相手だけが死に自殺幇助罪で起訴猶予の身となる。この間、井伏鱒二(いぶせ ますじ)に師事するようになる。

今官一(こん かんいち)らとの同人雑誌「海豹」に『魚服記』『思ひ出』、檀一雄(だん かずお)らとの「青い花」に『ロマネスク』、「文芸春秋」に『ダス・ゲマイネ』を発表し、徐々に注目されるようになる。

昭和10年、都新聞の入社試験に落ち、また自殺をはかる。未遂に終わるが、パビナールという鎮痛剤の薬中毒に陥った。

「日本浪曼派」に『道化の華』を発表、次いで『逆行』が芥川賞候補になった。

昭和11年、最初の作品集『晩年』を刊行し、この皮肉なタイトルが小説家としての出発点を飾ったのでした。

昭和12年、6年前から同棲していた小山初代とまたまた心中未遂の挙句、離別。

太宰が明るさと創作意欲を取り戻すのは、昭和14年、石原美知子と結婚してからであった。

昭和20年、故郷の金木に疎開。翌年上京、流行作家として多くの名作を発表。

しかし、戦後の荒れた世相のなかでの乱脈な生活がたたって健康を損ない、昭和23年6月13日、ついに山崎富栄とともに玉川上水に身を投げてこの世を去ります。

主な作品は、『富嶽百景』・『走れメロス』・『東京八景』・『右大臣実朝』・『津軽』・『お伽草紙』『惜別』・『斜陽』・『人間失格』など。

太宰治記念館・斜陽館(青森県五所川原市金木町朝日山412-1)

雲祥寺(青森県五所川原市金木町朝日山433)

太宰治墓所・禅林寺(東京都三鷹市下連雀4-18-20)

関連書籍

関連記事

  1. 陸羯南(くが かつなん)・青森の偉人
  2. 安藤昌益(あんどう・しょうえき)・青森の偉人
  3. 棟方志功(むなかた しこう)・青森の偉人
  4. ふるさと100話<3> 旧三沢村の人々(青森県三沢市)
  5. 【日本女性初ジャーナリスト】羽仁もと子(はに もとこ)・青森の偉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP