滋賀の偉人

井伊直弼(いい なおすけ)・滋賀の偉人

彦根藩(滋賀県彦根市)生まれ。

1815(文化12年10月29日)-1860(安政7年3月3日) 46歳

第13代彦根藩藩主、幕府大老。「開国の父」。

井伊直弼

彦根藩第11代藩主井伊直中の14男として生まれる。
17歳から32歳までの15年間を部屋住みとして過ごす。

この間長野主膳に国学を学び、自らを花の咲くことのない埋もれ木にたとえ、埋木舎(うもれぎのや)と名付けた住宅で、世捨て人のように暮らした。
このころ熱心に茶道(石州流)も学んでおり、茶人として大成。

1850(嘉永3)年、36歳のとき、兄直亮の死により家督を継ぎ、彦根藩主となり、掃部頭(かもんのかみ)となった。

彦根藩時代は藩政改革を行い名君と呼ばれ、またアメリカ合衆国のペリー艦隊来航に伴う江戸湾(東京湾)防備に活躍。

第13代将軍・徳川家定のときの1858年(安政5)より幕府大老。孝明天皇の勅許無しで日米修好通商条約を独断で調印。尊皇攘夷派が活動する騒擾の世中にあって、強権をもって治安を回復しようとした。

将軍家定の後継問題では紀州慶福(徳川家茂)派で、一橋慶喜(徳川慶喜)を推す徳川斉昭や松平慶永らを蟄居させる。

老中間部詮勝らとともに安政の大獄により多数の志士を粛清。

安政7年正月、直弼は、自分の画を絵師狩野水岳に描かせ、和歌を詠み、井伊家菩提所清涼寺に納めた。
「あふみの海 礒うつ浪の いく度か 御世にこころを くだきぬるかな」

この3ヶ月後の安政7年3月3日に水戸藩浪士により、江戸城桜田門付近で暗殺された(桜田門外の変)。

井伊直弼生誕地・楽々園(彦根市彦根城内)

井伊直弼銅像(彦根城内)

花の生涯記念碑(彦根城内)

埋木舎(彦根城内)

彦根城博物館(彦根城内)

彦根藩主井伊家菩提寺・清涼寺(彦根市古沢町1100)

井伊直弼銅像・掃部山公園(神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57)

桜田門外襲撃図・幕末と明治の博物館(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231)

井伊直弼墓所・豪徳寺(東京都世田谷区豪徳寺2-4-7)

井伊直弼の本

NHK想い出倶楽部II~黎明期の大河ドラマ編~(1)花の生涯 [DVD]
NHK想い出倶楽部II~黎明期の大河ドラマ編~(1)花の生涯 [DVD]

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 浅見絅斎(あさみ けいさい)・滋賀の偉人
  2. 杉浦重剛(すぎうら じゅうごう)・滋賀の偉人
  3. 広瀬宰平(ひろせ・さいへい)・滋賀/愛媛の偉人
  4. 小野妹子(おのの いもこ)・古代の偉人
  5. 安藤博(あんどう ひろし)・滋賀の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP