京都の偉人

池大雅(いけの たいが)・京都の偉人

京都北山生まれ。

1723(享保8)年-1776(安永5)年 54歳

江戸中期の画家。「三岳道者」のひとり。

4歳の時に父を亡くすが、幼い頃から漢文や書道に優れた才能を示す。

15歳で家業として、扇屋を構え、扇子に絵を描いて生計を立てた。柳沢淇園の教えを受け、絵を学ぶ。
19歳で高芙蓉(こう ふよう)、韓天寿(かん てんじゅ)を知る(三岳道者)。
中国絵画の影響を受け、筆の代わりに指を用いて描く指頭画も残す。

上田秋成らと交友して南画に移り、日本的な独自性を発揮し、南画の確立者とされる。画法が完成するのは40歳ごろのことで、この頃に描かれた作品の中に、特にすぐれたものがみられる。

代表作には、高野山遍照光院の襖絵や、「十便図」「楼閣山水図」「五百羅漢図」など。書家としても有名。妻の池玉瀾も画家。門人には、青木夙夜、木村蒹葭堂などがいる。

池大雅美術館(京都市西京区松尾万石町57)

池大雅墓所・浄光寺(京都市上京区寺ノ内通千本東入新猪熊町)

関連図書

人気ランキング応援クリック!ご協力お願いします。

関連記事

  1. 熊沢蕃山(くまざわ ばんざん)・岡山/京都の偉人
  2. 角倉了以(すみのくら りょうい)・京都の偉人
  3. 服部南郭(はっとり なんかく)・京都の偉人
  4. 荷田春満(かだの あずままろ)・京都の偉人
  5. 【心学の父】石田梅岩(いしだ・ばいがん)・京都の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP