大分の偉人

井上準之助(いのうえ じゅんのすけ)・大分の偉人

大分県日田郡中島村(日田市大鶴町)生まれ。

1869(明治2)年5月6日- 1932(昭和7)年2月9日 63歳

政治家、財政家。日本銀行第9、11代総裁。
第二次山本、浜口、第二次若槻内閣の大蔵大臣。

つくり酒屋の五男として生まれる。号は清渓。

日田教英中学、仙台第二高等学校を経て、東京帝国大学法科に入学。
大正期から昭和期にかけて、日銀総裁、大蔵大臣を歴任し、その間日本の経済発展に貢献し、昭和5年金解禁にこぎつけるなど、その力量は高く評価されていたが、昭和7年2月、選挙運動中に血盟団員小沼正に暗殺される。

井上準之助生家・清渓文庫(日田市大鶴町2299)

井上酒造(日田市大肥大鶴町2220-1)

井上準之助墓所・青山霊園(東京都港区)

関連書籍

関連記事

  1. 三浦梅園(みうら ばいえん)・大分の偉人
  2. 広瀬淡窓(ひろせ たんそう)・大分の偉人
  3. 毛利空桑記念館(大分県大分市)
  4. 福沢諭吉(ふくざわ ゆきち)・大分の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP