熊本の偉人

井上毅(いのうえ こわし)・熊本の偉人

肥後国坪井町竹部(熊本県坪井)生まれ。

1844(天保14年12月18日)-1895(明治28)年3月17日 53歳

明治の官僚、政治家。内閣法制局長官、文部大臣。
軍人勅諭、教育勅語、大日本帝国憲法の起草にあたる。

必由堂(熊本藩家老である米田家の家塾)、熊本藩藩校の時習館で学んだ後、1867(慶応3)年、江戸にでて、開成所に学ぶ。明治維新の際には戊辰戦争のため帰藩し、長崎に遊学。

1870(明治3)年、再上京し、大学南校中舎長をつとめ、司法省に入省。フランス・ドイツに留学、帰国後に大久保利通配下となり、北京談判にも随行。このときの働きが評価され、内務大書記官、太政官大書記官、参事院議官を歴任した。

明治十四年の政変では、伊藤博文、岩倉具視の黒幕として行動した。

漢学、制度、文筆等に通じていたため、伊藤博文とともに大日本帝国憲法や皇室典範、教育勅語、軍人勅諭など多くの詔勅、諸法令の起草者として活躍した。

1990(明治23)年には枢密院顧問官となり、1993(明治26)年発、第2次伊藤博文内閣においては文部大臣を務め、実業界・教育界の振興に尽力した。

法治国家・立憲主義の原則を重んじて、これを否定するような反動的な主張に対しては敢然と立ち向かったという。

井上毅生誕地・必由堂跡・熊本市立必由館高等学校敷地内(熊本市坪井4)

井上毅墓所・瑞輪寺(東京都台東区谷中4)

関連書籍

関連記事

  1. 池辺三山(いけべ さんざん)・熊本の偉人
  2. 徳富蘇峰(とくとみ そほう)・熊本の偉人
  3. 高橋政重(たかはし・まさしげ)・熊本の偉人
  4. 横井小楠(よこい しょうなん)・熊本の偉人
  5. 北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)・熊本の偉人
  6. 光永星郎(みつなが ほしお)・熊本の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP