高知の偉人

板垣退助(いたがき たいすけ)・高知の偉人

高知城下中島町生まれ。

1837(天保8年4月17日)-1919(大正8)年7月16日 83歳

土佐藩士。明治時代の政治家、内務大臣。
自由民権運動の主導者、パイオニア。民主政治の草分け的存在。

小さい頃からわんぱくで、その悪童ぶりは近所でも評判だった。

青年時代には、吉田東洋の私塾で学び、高知藩主山内豊信の側用人などをつとめるが、藩の公武合体路線と相容れず、討幕運動に参加。

戊辰戦争では鳥羽・伏見の戦いで藩の大隊司令として出征、土佐藩軍指令・東山道先鋒総督府参謀として会津藩などの攻略を行った。

明治維新後、高知藩の大参事となり、藩政改革を行う。

1871(明治4)年、参議となり、岩倉遣外使節団派遣後の留守政府をあずかるが、1874(明治6)年、征韓論に敗れて下野(明治六年の政変)。

翌年、ともに下野した後藤象二郎、江藤新平らと民撰議院設立建白書を政府に提出し、同年4月、立志社を設立、自由民権運動の先頭に立つ。
立志社には議長の片岡健吉のほか、植木枝盛、大江卓、古沢滋、竹内綱、林有造など土佐の俊秀が参加し、自由民権運動の旗上げを行った。
現在、高知市中央公園入り口には立志社跡の石碑が建てられている。

1875(明治8)年、大阪会議により再び参議になるも、間もなく辞任し、自由民権運動に専念。
1881(明治14)年、10年後の帝国議会開設の詔が出されたのを機に自由党を結成して総理(党首)に就任した。

1882(明治15)年、岐阜で遊説中に暴漢に襲われ、そのとき、「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだといわれ、この言葉が自由民権運動の合言葉となった。

1884(明治17)年、自由党を解散し、1890(明治23)年、帝国議会開設後、旧自由党を立憲自由党として再興し、1891(明治24)年に自由党に改組して総裁となり、1896(明治29)年には第二次伊藤内閣の内務大臣となる。

1898(明治31)年、改進党と合流して憲政党を組織し、大隈重信とともに首領に推され、日本最初の政党内閣といわれる第一次大隈重信内閣(隈板内閣とも呼ばれる)の内務大臣となる。

1900(明治33)年、立憲政友会結成には憲政会を解散して合流するが、これを機に政界を隠退した。

1919(大正8)年7月16日、死去 。没後も、日本の民主政治の草分けとして人気が高く、戦後、50銭政府紙幣日本銀行券B100円券に肖像が用いられた。

板垣退助生誕地の碑(高知市本町)

板垣退助銅像・石碑・高知城内(高知市丸の内)

高知市立自由民権記念館(高知市桟橋通4)

立志社跡(高知市・中央公園)

板垣退助銅像・岐阜公園<岐阜遭難の地>(岐阜市大宮町)

板垣退助銅像・日光神橋付近(栃木県日光市上鉢石町)日光山を戦火から守った功績によるもの

板垣退助銅像・国会議事堂中央広間(千代田区永田町1-7)

板垣退助墓所・品川神社(品川区北品川3)

関連書籍

関連記事

  1. 樫尾忠雄(かしお ただお)・高知の偉人
  2. ジョン万次郎(ジョン まんじろう)・高知の偉人
  3. 植木枝盛(うえき えもり)・高知の偉人
  4. 大江卓(おおえ・たく)・高知の偉人
  5. 坂本龍馬(さかもと りょうま)・高知の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP