沖縄の偉人

岩崎卓爾(いわさき たくじ)・沖縄の偉人

仙台藩(宮城県)生まれ。石垣島ゆかりの偉人。

1869(明治2)年-1937(昭和12)年 69歳

石垣島の初代測候所所長。石垣島の先覚者。
八重山の歴史・民俗・生物などの研究に尽くした沖縄研究の先駆者。

第二高等学校中退後、気象研究を志し、札幌・根室の測候所をへて、1898(明治31)年、新設の石垣島測候所に勤務、以後69歳で生涯を閉じるまで約40年間石垣島で生活した。

石垣島にあって当時の台風・ハブ・マラリアなどの自然の猛威の中で不断の努力を重ね、気象学上の著作に加えて、民族資料の収集や「イワサキハルゼミ」など「イワサキ」を冠した新種の昆虫の報告は20数種にのぼった。

また、『石垣島案内記』、『ひるぎの一葉』、『石垣島気象篇』などを刊行。

石垣島を訪れた柳田国男・折口信夫ら多くの研究者を案内して八重山文化の紹介につとめ,地元の研究者を育てた彼の人柄は、島人から「天文屋の御主前」(ていんぶんやーぬうしゅめえ)と呼ばれ慕われた。

NHKの朝の連続ドラマ「風の御主前(かぜのうしゅまい)」の主人公としても有名。

関連書籍

人気ランキング応援クリック!ご協力お願いします。

ブログランキングに参戦中!

関連記事

  1. 程順則(てい・じゅんそく)・沖縄の偉人
  2. 謝花昇(じゃはな のぼる)・沖縄の偉人
  3. 尚真王(しょうしんおう)・沖縄の偉人
  4. 【沖縄学の父】伊波普猷(いは ふゆう)・沖縄の偉人
  5. 山田真山(やまだ しんざん)・沖縄の偉人
  6. 儀間真常(ぎま しんじょう)・沖縄の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP