沖縄の偉人

謝花昇(じゃはな のぼる)・沖縄の偉人

1865(慶応元)年-1908(明治41)年 44歳

東風平間切(沖縄県八重瀬町・旧東風平町)生まれ。

沖縄民権運動の父。他府県の人たちと同じ権利を、沖縄の人たちが勝ち取るために活動した社会運動家。

謝花昇

 幼い頃から勉強がよくできたが、「百姓に学問はいらぬ」という父は学校に行かせてくれなかった。そのため、父に隠れて学校に行き、教室の外から授業を聞いていたという。母の説得でやっと学校に行けるようになる。17歳で沖縄師範学校に進学。留学生に選ばれ、上京。学習院で学んだ後、帝国農科大学に進み、近代農業を学んだ。その頃、自由民権運動が起こり、「長い間、虐げられてきた農民を救うために戦う」と訴える自由民権運動に感動した昇は、「大学に残り研究を続けるより、沖縄に帰り農民を救おう」と決意。
 沖縄で初めての学士になり、沖縄県庁で働く。当時の沖縄県庁では、他府県出身者が多く、沖縄出身の昇の仕事ぶりに、他府県人に見下げられていた沖縄の人々を「農民の子でも偉くなれる」と勇気づけた。奈良原繁県知事になると、杣山払下げ問題で対立。県庁を退職し「沖縄倶楽部」を結成し、自治権や参政権獲得の必要性を訴えるが反対勢力の弾圧激しく、潰れてしまう。これまでの運動にすべてのお金を使いはたし、仕事を求め他県に向かう途中で倒れる。沖繩に帰った昇は、7年後の、1908(明治41)年44歳で病死。 沖縄県民が選挙権を獲得し、国会へ代表を送られるようになったのは1912(大正元)年、謝花没後4年、日本本土から遅れること32年後のことであった。
 農民の立場で、沖縄の人々の権利を獲得するために戦った謝花昇の運動は、実を結ばなかったが、その勇気ある行動は多くの人々の心に残り、今も語り継がれている。

八重瀬町立歴史民族資料館

謝花昇銅像

謝花昇墓所(沖縄県島尻郡八重瀬町字後原207-21)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 程順則(てい・じゅんそく)・沖縄の偉人
  2. 山田真山(やまだ しんざん)・沖縄の偉人
  3. 【沖縄学の父】伊波普猷(いは ふゆう)・沖縄の偉人
  4. 岩崎卓爾(いわさき たくじ)・沖縄の偉人
  5. 儀間真常(ぎま しんじょう)・沖縄の偉人
  6. 尚真王(しょうしんおう)・沖縄の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP