鳥取の偉人

香川景樹(かがわ かげき)・鳥取の偉人

鳥取藩士荒井小三次の子。
京都に上るまでの記録に不明な点が多く諸説あり。

1768(明和5年4月10日)-1843(天保14年3月27日) 76歳

江戸時代後期の歌人。号は桂園(けいえん)。
桂園派の創始者。
加茂季鷹(かもの すえたか)と共に『二大歌人』といわれる。

7歳で父が死去、親類である奥村定賢に養育される。
幼少の頃より和歌を学び、15歳の時には、「百人一首」の解説を書き上げたという。

18歳頃、京都に出て、香川景柄(かがわかげもと)に学び、養子となるが、後に解消、独立し、岡崎の住居の家号であり、景樹の雅号の桂園を名乗った。

景柄を通じて小沢蘆庵(ろあん)に師事し、その後、独自の歌風を創始し、桂園派と称されるようになった。

賀茂真淵門下の村田春海・加藤千蔭らの江戸派と論争を行い、真淵の『新学(にひまなび)』を批判した『新学異見(にいまなびいけん)』を著し、国学派が万葉集を理想としたのに対して、『古今集』の調べを重視した。「古今和歌集」の平明さとなだらかな調べを強調し、あるがままの純粋な感受性を重んじた。

「歌は理わるものにあらず。しらぶるものなり」。
景樹は、「歌は感動を言葉によって調べるもの。調べとは性情の声である」と独自の「しらべ」論を展開する。そして、この論をもとに歌壇革新を企図し「桂園派」を立てた。

その新風、桂園派は勢力を拡大し、幕末から明治期にかけて、御歌所和歌の主流となる。

門人が多く、なかでも熊谷直好(くまがい なおよし)、木下幸文(きのした たかふみ)は、桂園派の『二壁(にへき)』とよばれる。

歌集『桂園一枝』は、景樹の還暦を記念してまとめられた歌集である。景樹が自ら選んだ983首を収め、「しらべ」論を実作で示した和歌史上の代表的な歌集となった。

同郷の蘭学者・稲村三伯(いなむら さんぱく)との交友はよく知られている。

香川景樹宅址(京都市左京区岡崎東福ノ川町)

香川景樹歌碑・鳥取県立図書館入口(鳥取市尚徳町)

香川景樹墓所・聞名寺(京都市左京区東大路通仁王門上る)

関連書籍

関連記事

  1. 磯野長蔵(いその ちょうぞう)・鳥取の偉人
  2. 亀井茲矩(かめい・これのり)・鳥取/島根の偉人
  3. ふるさと100話<67> 北脇永治(鳥取県鳥取市)
  4. 稲村三伯(いなむら さんぱく)・鳥取の偉人
  5. 西尾寿造(にしお としぞう)・鳥取の偉人
  6. 原勝(はら まさる)・鳥取の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP