徳島の偉人

賀川豊彦(かがわ とよひこ)・徳島の偉人

神戸生まれ。鳴門ゆかりの偉人。

1888(明治21)年-1960(昭和35)年

友愛・互助・平和の精神を唱え続けた、不屈の伝道師。

4歳の時、両親と死別。17歳まで父の故郷、板野郡堀江村(現鳴門市大麻町)で過ごす。第二堀江尋常小学校、旧制徳島中学校を経て、明治学院神学部予科、神戸神学校卒。生涯を社会福祉活動、農民・労働運動、協同組合運動、平和運動などにささげた。主な著書に「死線を越えて」「一粒の麦」「精神運動と社会運動」などがある。とくに、自伝的小説「死線を越えて」は大正期の驚異的なベストセラーになった。海外布教は13回を数え、世界連邦建設運動の提唱者にも。1955年にはノーベル平和賞候補になった。

鳴門市賀川豊彦記念館

賀川豊彦記念・松沢資料館

賀川豊彦墓所 多磨霊園(東京都府中市)

関連図書

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 貫名海屋(ぬきな かいおく)・徳島の偉人
  2. 芳川顕正(よしかわ あきまさ)・徳島の偉人
  3. 東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)・徳島の偉人
  4. ふるさと100話<79> 丸山徳弥(徳島県上板町)
  5. 蜂須賀茂韶(はちすか もちあき)・徳島の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP