長崎の偉人

北村西望(きたむら せいぼう)・長崎の偉人

長崎県南高来郡南有馬村白木野(現在の南有馬町)生まれ。

1884(明治17)年12月16日-1987(昭和62)年3月4日 104歳

彫刻家。長崎が誇る近代彫刻の歴史的大家。

 本名は「西望(にしも)」といい、仏教の教えや言い伝えからとったものだといわれている。小学校の頃から成績が優秀であった西望氏は、明治40年(1907年)に東京美術学校(現在の東京芸術大学)に入学、在学中よりその優れた才能を発揮し、日展の前身である文部省美術展覧会に出品。大正4年(1915年)には「怒涛」により同展の二等賞を受賞した。その後、帝展の審査員、審査主任などを歴任し、大正10年(1921年)からは東京美術学校の教授として後進の指導にあたる一方、大正14年(1925年)には帝国美術院会員(現在の日本芸術院会員)となった。
 第二次世界大戦後、長崎市の依頼により独自の石膏直付法を駆使した「平和祈念像」の制作に着手し、昭和30年(1955年)に完成。その後も精力的な創作活動を続け、昭和62年(1987年)、104歳でこの世を去るまで数多くの優れた作品を生みだした。現在、南有馬町にある北村西望記念館には、彫刻をはじめ絵画・書など多数の作品が展示されている。
「 長崎県情報誌『ながさき夢百景』より 」
 北村西望の遺した言葉。「 自分は天才ではないのだから人が5年でやることを、自分は10年かけてでも、やらねばならないのだ。(第9回文展二等賞入選時) 」

北村西望記念館(長崎県南有馬町)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 西川如見(にしかわ じょけん)・長崎の偉人
  2. 名村泰蔵(なむら たいぞう)・長崎の偉人
  3. 橘周太(たちばな・しゅうた)・長崎の偉人
  4. 松永安左エ門(まつなが やすざえもん)・長崎の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP