宮崎の偉人

小村寿太郎(こむら じゅたろう)・宮崎の偉人

宮崎県日南市生まれ。

1855(安政2)年10月26日-1911(明治44)年11月26日 56歳

藩校振徳堂に学び、大学南校・現東京大学卒業後、文部省留学生として米国ハーバード大学に留学。帰国後司法省を経て外務省に入り翻訳局長、清国代理公使、外務次官を歴任しさらに、米、露、清の公使となる。
1901年(46歳)、桂内閣の外務大臣に就任。
1905年、首席全権大使として米国ポーツマス市で日露講和条約を結び日本に平和をもたらす。1908年(53歳)外務大臣に再任。
1911年、米英独仏と、幕末以来の不平等条約を改正し関税自主権を回復。以後、わが国は諸外国と対等な国際関係になる。
勲功により侯爵位を授けられる。同年、神奈川県葉山町にて永眠(56歳)。

 小村寿太郎の青少年にむけてのスピーチ
私が学生に望むことは「誠」である。私が人よりすぐれたところがあるとは思わない、もし私に万が一長所があるとすればそれは「誠」の一字につきると思う。
 「日南市HPより」

小村記念館(日南市)

小村寿太郎墓所 東京青山霊園

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 若山牧水(わかやま ぼくすい)・宮崎の偉人
  2. 安井息軒(やすい そっけん)・宮崎の偉人
  3. 菊池記念館(宮崎県児湯郡西米良村)
  4. 内藤繁子(ないとう・しげこ)/充眞院(じゅうしんいん)・宮崎の偉…
  5. 石井十次(いしい じゅうじ)・宮崎の偉人
  6. 高木兼寛(たかぎ かねひろ)・宮崎の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP