京都の偉人

熊沢蕃山(くまざわ ばんざん)・岡山/京都の偉人

京都生まれ。岡山藩士。岡山ゆかりの偉人。

1619(元和5)年-1691(元禄4年8月17日)73歳

江戸時代前期の岡山藩士、陽明学者。
岡山藩番頭をつとめた。

 16歳の時から5年間池田光政に仕え、その後、現在の滋賀県で中江藤樹から陽明学を習い、のちに再び光政に仕え、政治的学問的手腕が評価され、三千石の番頭に命ぜられた。
 蕃山の治国策は、藩民への儒教の普及から軍事面の充実、治山治水などの農業土木に至るまで、国政全般に及んでいた。蕃山の根本的な思想は、現実に応ずる政治的実践を学問の目標としたところにあり、農本主義を唱えて治水・治山による農業政策(米の増産)を実践し、藩財政の立て直しに寄与した。
 しかし、林羅山による中傷、岡山藩家中の反感により、蕃山村(しげやまむら)に引退した。「蕃山」の名はその地で「蕃山の了介」と称したことに由来する。
 離藩後は岡山藩政を痛烈に批判し、光政と和解することはなかった。1687(貞享4)年、幕命により政治批判の罪で下総に禁固され、同地で没した。

熊沢蕃山先生勉学処の碑(近江八幡市中小森町)

熊沢蕃山先生の碑(岡山市蕃山町)

熊沢蕃山顕彰碑(岡山市)

熊沢蕃山宅跡(備前市蕃山)

記念館・蕃山文庫(滋賀県大津市・旧志賀町)

熊沢蕃山墓所 鮭延寺(茨城県古河市・旧総和町大堤)

関連図書

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 角倉了以(すみのくら りょうい)・京都の偉人
  2. 宮本武蔵(みやもと むさし)・岡山の偉人
  3. 緒方洪庵(おがた こうあん)・岡山の偉人
  4. 馬越恭平(まごし きょうへい)・岡山の偉人
  5. 池大雅(いけの たいが)・京都の偉人
  6. 荷田春満(かだの あずままろ)・京都の偉人
  7. 【心学の父】石田梅岩(いしだ・ばいがん)・京都の偉人
  8. 池田詮政(いけだ・のりまさ)・岡山の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP