秋田の偉人

内藤湖南(ないとう こなん)・秋田の偉人

秋田県鹿角郡毛馬内(現・鹿角市)生まれ。

1866(慶応2年7月17日)-1934(昭和9)年6月26日 67歳

東洋史学者。
東洋史学・日本史学に新しい学風をおこした偉人。

藩儒の家に生まれる。本名・虎次郎。生家が十和田湖の南にあったので、「湖南」と号した。秋田県師範学校卒、小学校訓導(教諭)をへて、1887(明治20)年21歳のとき、家に無断で上京した。「明教新誌」記者、「三河新聞」記者、雑誌「日本人」記者、「台湾日報」記者を経て、1898(明治31)年、32歳で「萬朝報」主筆、1900(明治33)年34歳で「大阪朝日新聞」論説担当、この間満州などを視察し、日露戦争では開戦論を主張した。

1907(明治40)年、42歳のとき、同郷の碩学・狩野亨吉により、創立したての京都帝国大学に招かれ、講師から教授となり、東洋史学を講じるとともに、京都帝国大学における東洋史学の基礎を築いた。当時、国立の大学は、東京帝国大学しかなく、ともすれば官吏養成の機関に傾きがちであるという反省から、「純粋に学問と教育のため」というイメージと理念が京都帝国大学の発足にあたって求められた。

初代文学部長の狩野亨吉は、学問のみならず全てのことに独創性を重んじた。学者としてはほとんど無名といっていい内藤湖南の京都帝大への起用は、まさに人事の独創的事歴であるばかりでなく、内藤湖南その人も全身独創の人物だった。
学歴は秋田師範学校卒だけでしたが、当時この学歴で京都帝大の教授に就任するのは異例のことであり、いかに独創的な新しい学風が期待されていたかを示す証左といえよう。

東洋学を二十年間担当して京大の”学宝”といわれた。東洋学では東の白鳥庫吉(東大)、西の内藤湖南(京大)といわれた。

学問の狭い専門領域に閉じこもらず、シナ史学のみならず、日本史にも新風を吹き込む。すでに31歳の折り、「近世文学史論(関西文運論)」を執筆し、江戸期の儒学、医学、国学について独創的な意見を発表している。江戸中・後期の無名の独創的思想家、富永仲基や山片蟠桃を発見したのも湖南だが、在野の学者(本業は商人)でもある仲基や蟠桃が、ものごとからその本質を抽出し、実証性を高く評価するとともに、徹底した合理的思考を展開する姿勢は、湖南その人とも重なり合うものがある。

もっとも、狩野亨吉が見出した安藤昌益とともに、本邦思想史上の大発見とされるこの輝かしい事跡を、のちに本人自身が忘れてしまうほど、功名心に恬淡とした人柄でもあった。

鹿角先人顕彰館(秋田県鹿角市)

秋田県立博物館・秋田の先覚記念室(秋田市)

内藤湖南終焉地・恭仁山荘(京都府相楽郡加茂町大字例幣小字板谷垣内39)

内藤湖南墓所・法然院(京都市左京区)

関連書籍

鹿角の偉人

ブログランキングに参戦中!

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. ふるさと100話<10> 田口三之助(秋田県田沢湖町・現仙北市)…
  2. 佐藤信淵(さとう のぶひろ)・秋田の偉人
  3. 和井内貞行(わいない さだゆき)・秋田の偉人
  4. ふるさと100話<9> 石川理紀之助(秋田県昭和町・現潟上市)
  5. 【南極探検家】白瀬矗(しらせ のぶ)・秋田の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP