茨城の偉人

岡倉 天心(おかくら てんしん)・茨城の偉人

横浜市生まれ。茨城ゆかりの偉人。

1863(文久2)年2月14日―1913(大正2)年9月2日 51歳

明治期の美術家、美術評論家、教育者。本名岡倉覚三。

 福井藩士の子。父が貿易商となり、幼いころから英語に慣れ親しむ。東京開成所入学、英語が得意だったことから、同校講師フェロノサの助手となり、フェノロサの美術品収集を手伝った。東京帝国大学卒業後、文部省出仕。フェノロサと日本美術を調査。何百年もの間人目に触れることのなかった法隆寺夢殿の秘宝救世観音を見たときの逸話はあまりにも有名。
 1887年、東京美術学校幹事。東京美術学校は1889年開校。 1890年、東京美術学校第2代校長。この教育が特に有名で、横山大観、下村観山、らを育てた。 1898年、東京美術学校を排斥され辞職し、横山らを連れ、日本美術院を作る。この団体は、のちに活動も減少するが、岡倉の没後、横山らによって再興された。
 1901年からインド訪遊。 1904年、フェノロサの紹介でボストン美術館中国・日本美術部に迎えられる。この後は日本とボストン市の往復が多くなり、それ以外の期間は茨城県のアトリエ(現茨城大学五浦美術文化研究所)にいることが多くなり、活動は少なくなった。 1910年、ボストン美術館中国・日本美術部長。

 「東洋の理想」「日本の目覚め」「茶の本」を英文で出版して、東洋の優秀性を主張するとともに日本の役割を強調した。
 『東洋の理想』の冒頭に掲げられた”Asia is one.”(「アジアは一つである」)の言葉は、天心の思想を語るうえで欠かせない。しかし、この言葉は後に大東亜共栄圏を支える政治的なスローガンとして利用されることにもなった。しかし、天心がこの言葉に込めた意味は木下長広によると少々異なっている。木下によれば、――日本の文化とその歴史は、西アジアから東アジアへかけての「アジア」全域の文化遺産をその奥深くに受けとめ、それを醸成するように成立している、その意味で、日本文化のありかたのうちにアジアは混然として大きな「一つ」を形成している――ということだった。
 近代日本がとかく西洋対日本という図式で考えられるのとは異なり、天心はアジア総体のありかたの中で日本を捉えようとしていた。天心の投げかけた課題は、さまざまな形で現代の我々にも引き継がれている。(参考:京都大学日本哲学史研究室

天心ゆかりの地

岡倉天心生誕地  (横浜市横浜開港記念会館)

岡倉天心記念公園  (岡倉天心旧居跡・日本美術院跡)東京都台東区谷中5-7

岡倉天心住居跡 茨城大学五浦美術文化研究所  (茨城県北茨城市大津町五浦)

天心遺跡記念公園  (日本美術院第一部五浦研究所跡)

茨城県天心記念五浦美術館  (茨城県北茨城市大津町椿2083)

岡倉天心宅跡・旧前期日本美術院跡(台東区谷中5丁目7番)

岡倉天心墓所 
東京染井霊園(豊島区駒込)
岡倉天心墓所2岡倉天心墓所1

茨城大学五浦美術文化研究所の斜向かいにも分骨された天心の墓所がある。

岡倉天心関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 横山大観(よこやま たいかん)・茨城の偉人
  2. 【北海道開発の父】間宮林蔵(まみや りんぞう)・茨城の偉人
  3. 小平浪平(おだいら・なみへい)・栃木/茨城の偉人
  4. 会沢正志斎(あいざわ せいしさい)・茨城の偉人
  5. 徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)・茨城の偉人
  6. 藤田東湖(ふじた とうこ)・茨城の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP