奈良の偉人

富本憲吉(とみもと けんきち)・奈良の偉人

奈良県平群郡東安堵村(現生駒郡安堵町)生まれ。

1886(明治19)年6月5日-1963(昭和38)年6月8日 78歳
 
 郡山中学校(現県立郡山高校)を卒業、東京美術学校に入学した。美術学校では川端玉章や岡田三郎助に学んだが、在学中の明治41年、イギリスのロンドンに留学した。留学中機会を得てヨーロッパ各地からエジプト・インドを旅したが、この経験がいろいろな意味で憲吉に大きな影響を与えたようだ。
 明治43年に帰国した憲吉は工芸品作家としての路を歩み始めた。陶芸を愛したバーナード・リーチと出会い、生涯の交友を始めたのもこのころのことである。憲吉の陶芸への関心が昂じたのは明治末年とされる。リーチの影響のもと、生家に初めて窯を作ったのが大正2年、最初の出品はこの年5月の大阪三越の展覧会であった。そして、本格的な作陶活動の始まりは大正4年のことであり、この年秋、生家の東方に本格的な窯を作り、陶芸の路に進んでいったのである。土は東安堵の下池と呼ばれる池の粘土、灰は隣村西安堵の染物屋の灰。安堵窯と呼ばれる憲吉の最初の窯では、憲吉が幼いころから慣れ親しんだ故郷安堵の品々が使われたのである。
 昭和初年には東京に本拠を移したが、作品は高い評価を受け続け、現代陶芸に新しい路を切り開いた。昭和36年には文化勲章を受章した。

 憲吉の生家は「富本憲吉記念館」としてその姿を残し、訪れる陶芸愛好者に憲吉の焼き物への理想を伝え続けている。
 『真性の芸術はその生活より湧き上がったものでなければならぬことを私は堅く信じる』 (県政だより奈良より)

富本憲吉記念館(奈良県安堵町)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 村田珠光(むらた じゅこう)・奈良の偉人
  2. 武野紹鴎(たけの・じょうおう)・奈良/大阪の偉人
  3. 西岡常一(にしおか つねかず)・奈良の偉人
  4. 中村直三(なかむら なおぞう)・奈良の偉人
  5. 土倉庄三郎(どくら しょうざぶろう)・奈良の偉人
  6. ふるさと100話<62> 棚田嘉十郎/溝辺文四郎(奈良県奈良市)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP