島根の偉人

梅謙次郎(うめ けんじろう)・島根の偉人

出雲国松江藩(島根県松江市)生まれ。

1860(万延元年6月7日)-1910(明治43)8月26日 51歳

明治の法学者。民法、商法の起草者として有名。
「空前絶後の立法家」、「先天的な法律家」と称され、「日本民法学の父」といわれた。

松江藩医の次男として宍道湖畔に生まれ、幼少より神童の誉れ高かったといわれる。

松江藩が雇い入れたフランス人からフランス語を学んだ後、一家で上京。

東京外国語学校(現・東京外国語大学)仏語科に入学、首席で卒業。 司法省法学校に入学、1894(明治17)年7月、腸チフスで卒業試験を受けられなかったにもかかわらず、平生の学業優秀ということで首席卒業し、ただちに司法省御用係となり母校に勤務。

東京大学法学部に転じて教鞭をとり、1895(明治18)年、フランスに留学。

リヨン大学法学部で『和解論』で法学博士を得、現地でも高く評価され、リヨン市からヴェルメイユ賞碑を受ける。

帰国後、東京帝国大学法科教授、和仏法律学校(現法政大学)校長、内閣法制局長官、法政大学総理などを歴任。

穂積陳重、富井政章とともに、日本の民法を起草した3人のうちの一人で、商法の起草にも参加。さらには韓国政府法律最高顧問に就任し、韓国の法典起草にまで加わっている。

これら多大な功績から「日本民法学の父」といわれる。

法政大学HP

梅謙次郎博士顕彰碑(松江総合文化センター市民の杜)

梅謙次郎墓所・護国寺(東京都文京区大塚5-40-1)

関連書籍

関連記事

  1. 森鴎外(もり おうがい)・島根の偉人
  2. 若槻礼次郎(わかつき・れいじろう)・島根の偉人
  3. 河井寛次郎(かわい かんじろう)・島根の偉人
  4. 亀井茲矩(かめい・これのり)・鳥取/島根の偉人
  5. 小泉八雲(こいずみ やくも)・島根の偉人
  6. 小泉セツ(こいずみ せつ)・島根の偉人
  7. 西周(にし あまね)・島根の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP