新潟の偉人

山本五十六(やまもと いそろく)・新潟の偉人

新潟県長岡市生まれ。

1884(明治17)年4月4日-1943(昭和18)年4月18日 60歳

海軍軍人

 旧長岡藩士の子として生まれる。日露戦争に従軍後、須磨・鹿島等の乗組をへて、砲術学校教官となる。 1919年から2年間駐米武官、ハーバード大学に学ぶ。帰国後、海大教官、航空本部技術部長、第1航空戦隊司令官等を歴任。1929年ロンドン軍縮会議予備交渉に日本代表として派遣された。 1939年連合艦隊司令長官となり、旧来の海軍の作戦計画に変更を加え、また米・英不可分を主張し、対米戦を無視した対南方武力行使は不可能であると考え、ハワイ真珠湾作戦を立案した。
 1943年、南方の海軍基地を視察中、ソロモン諸島上空で戦死した。

 山本五十六の言葉。
「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かず。」

山本五十六生家・記念公園(長岡市)

山本五十六記念館(長岡市)

山本五十六墓所(長岡市・長興寺、東京都府中市・多磨霊園)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 川上善兵衛(かわかみ・ぜんべえ)・新潟の偉人
  2. 河井継之助(かわい・つぐのすけ)・新潟の偉人
  3. 巻菱湖(まき りょうこ)・新潟の偉人
  4. 屋井先蔵(やい さきぞう)・新潟の偉人
  5. 大倉喜八郎(おおくら きはちろう)・新潟の偉人
  6. 前島密(まえじま ひそか)・新潟県の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP