熊本の偉人

横井小楠(よこい しょうなん)・熊本の偉人

熊本城下・内坪井町(熊本市坪井)生まれ。

1809(文化6年8月13日)-1869(明治2)年2月15日 61歳

幕末の政治家・思想家。

熊本藩士の二男として生まれる。幼少時から藩校時習館で学ぶ。実践を重んずる李退渓・大塚退野の朱子学、さらに江戸に遊学し、藤田東湖らと交わり水戸学からも影響を受ける。

1846(弘化3)年、私塾「小楠堂」を開設、塾生20余人が寄宿。徳富一敬など豪農層の入門者が多かった。同志との研究会は実学党と呼ばれた。

1851(嘉永4)年、諸国遊歴に出て各藩の地勢や財政事情を視察し、また各地に人物を訪ね開国論をとるようになる。

1858年(安政5)年、越前藩主松平慶永に招かれて、その理想の実現に努力し、同藩の由利公正と協力し、殖産貿易事業を推進。

1862(文久2)年、松平慶永が幕府政事総裁に就くと、小楠が構想した「国是七条」により幕政改革を行わんとし,慶永を助けて努力、公武合体から雄藩連合へと進めようとしたが藩内の対立で1863(文久3)年、失脚した。

熊本に帰国したが、藩は前年江戸で刺客に教われた際、敵に立ち向かわず、盟友を残して逃げたのは武士に有るまじき振舞として、士席(武士の身分)を剥奪された。

1868(明治元)年、岩倉具視の懇望により藩の反対にも関わらず、士席を回復され新政府の参与となり明治政府を支えた。翌年京都で暗殺される。

小楠が構想した、「国是七条」
大将軍上洛して、烈世の無礼を謝せ(将軍は自ら京にいって、天皇へ過去の無礼を謝る)
諸侯の参勤を止め、述職とせよ(参勤交代制度の廃止)
諸侯の室家を帰せ(大名の妻子を国元に帰す)
外様譜代に限らず、賢を選んで政官となせ(優れた考えの人を幕府の役人に選ぶ)
大いに言路を開き、天下公共の政をなせ(多くの人の意見を出し合い、公の政治を行う)
海軍を興し、兵威を強くせよ(海軍をつくり軍の力を強くする)
相対貿易を止め、官の交易となせ(貿易は幕府が統括する)

歴史の教科書で触れられることも少ない横井小楠だが、閉鎖的な時代の中にあって、いちはやく現代にも通じる普遍の思想を持っていた、大偉人といえるであろう。だからこそ、士席剥奪の身でありながら、明治政府に招かれ、新政府を支えることになったのである。もっと見直されて当然の人物である。

勝海舟の言葉。「おれは今までに天下で恐ろしいものを二人見た。横井小楠と西郷南洲だ」。

横井小楠記念館(熊本市沼山津)小楠の旧居「四時軒」の敷地内にある。

横井小楠銅像・小楠公園

横井小楠をめぐる維新群像・高橋公園(熊本市千葉城町)

横井小楠殉節地(京都市中京区寺町丸太町下る東側)

肥後横井小楠之神霊石碑・京都護国神社(京都市東山区)

横井小楠墓所・南禅寺天授庵(京都市東山区)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

ブログランキングに参戦中!

関連記事

  1. 池辺三山(いけべ さんざん)・熊本の偉人
  2. 北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)・熊本の偉人
  3. 光永星郎(みつなが ほしお)・熊本の偉人
  4. 高橋政重(たかはし・まさしげ)・熊本の偉人
  5. 井上毅(いのうえ こわし)・熊本の偉人
  6. 徳富蘇峰(とくとみ そほう)・熊本の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP