大阪の偉人

与謝蕪村(よさ ぶそん)・大阪の偉人

摂津国東成郡毛馬村(大阪市都島区毛馬町)生まれ。
与謝蕪村生誕地碑(大阪市都島区)

1716(享保元)年-1784年1月17日 (天明3年12月25日) 68歳

江戸時代中期の俳人、画家。
江戸俳諧中興の祖といわれる。また、俳画の創始者でもある
『江戸三大俳人』のひとり。また、『天明俳諧三傑』のひとり。

はじめ谷口姓であったが、天王寺方面に移り、当事天王寺は蕪青の産地だったことから「蕪村」を名乗る。本名や通称は不明。画号は「春星」、「謝寅(しゃいん)」など。

20歳の頃、江戸に出て早野巴人に師事し俳諧を学ぶ。

師が没したあと下総国結城(茨城県結城市)の砂岡雁宕(いさおか がんとう)のもとに寄寓し、松尾芭蕉に憧れてその足跡を辿り東北地方を周遊した。
弘経寺・紙本著色襖絵(茨城県結城市結城1591)

その際の手記を1744(寛保4)年に雁宕の娘婿で下野国宇都宮(栃木県宇都宮市)の佐藤露鳩(さとう ろきゅう)宅に居寓した際に編集した『歳旦帳(宇都宮歳旦帳)』で初めて蕪村を号した。

その後丹後、讃岐などを歴遊し42歳の頃京都に居を構え、以後、京都で生涯を過ごした。1784(天明3年12月25日)68歳の生涯を閉じた。
与謝蕪村宅跡(京都市下京区仏光寺通烏丸西入南側)
妙法寺<蕪村寺ともよばれる>・『蘇鉄図』収蔵(香川県丸亀市富屋町9)

辞世の句は「しら梅に明る夜ばかりとなりにけり」。

墓所は京都市左京区一乗寺の金福寺

国宝『十便十宜図』(池大雅との競作)は鎌倉市・川端康成記念館蔵だが、現在公開はされてない。

逸翁美術館・『奥の細道画巻』、『晩秋遊鹿図屏風』収蔵(大阪府池田市建石町7-17)

山形美術館・『奥の細道図屏風』収蔵(山形県山形市大手町1-63)

北村美術館蔵・『鳶烏図』収蔵(京都市上京区河原町通今出川南一筋目東入ル)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 武野紹鴎(たけの・じょうおう)・奈良/大阪の偉人
  2. 与謝野晶子(よさの あきこ)・大阪の偉人
  3. 木村蒹葭堂(きむら けんかどう)・大阪の偉人
  4. 安岡正篤(やすおか まさひろ)・大阪の偉人
  5. 土佐光起(とさ みつおき)・大阪の偉人
  6. 五代友厚(ごだい ともあつ)・鹿児島の偉人
  7. 大塩平八郎(おおしお へいはちろう)・大阪の偉人
  8. 契沖(けいちゅう)・兵庫/大阪の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP