福井の偉人

由利公正(ゆり・こうせい〔きみまさ〕)・福井の偉人

由利公正(ゆり・こうせい〔きみまさ〕)・福井の偉人

福井城下(福井市毛矢1丁目)生まれ。

文政12年(1829)11月11日―明治42年(1909)4月28日 80歳

福井藩士、官僚、政治家。
三岡八郎ともいう。

日本の『創造力』〈2〉殖産興業への挑戦

幕末の福井藩の殖産興業政策を推し進め財政再建に貢献した由利公正は、坂本龍馬の強い推挙によって、明治新政府の「御用金穀取扱」となり、維新財政をまかなう重責を担った。
財政基盤のひ弱な新政府は由利の手腕に期待した。
アイデア・マンの由利は大量の金札(太政官札)発行を建議し、実行した。
三千万両にのぼる金札は、新政府発足の財政的危機を救い、その財政理念はその後にも引き継がれるものになった。

福井藩士時代に横井小楠の影響を受け、財政を学ぶ。殖産興業策に触発され、経済調査を行い財政に窮した福井藩の財政改革に手腕を発揮した。

幕府の政事総裁職となった藩主松平慶永に重用され、側用人として長州征伐不支持と薩摩・長州など雄藩との提携を主張。しかし、藩論の支持を得られず蟄居・謹慎を命じられた。

謹慎中に坂本龍馬の来訪を受け、財政再建の手腕を買って明治新政府への参画を求められている。

新政府の財政・金融政策を担当し、太政官札を発行。
また福岡孝弟とともに五箇条の誓文の原案作成にもたずさわった。

1871(明治4)年、東京都知事に任命され、庁内の人員整理などを行う。また、2回の大火災に会い、近代的な都市計画を実施しようとした。

翌1872年、岩倉遣外使節団に加わり欧米を視察。欧州各国の自治制度・議会制度などを研究した。

1874年には民撰議院設立建白書の提案者に名を連ねる。1890(明治23)年、貴族院議員に勅選。

1909(明治42)年、80歳で永眠。

由利公正生誕地(福井県福井市毛矢1-6)

由利公正宅跡(福井県福井市毛矢1-1)

三岡八郎・横井小楠像(福井県福井市大手2-10)

由利公正像(福井県福井市大手3-11)

福井市立郷土博物館(福井県福井市宝永3丁目12-1)

福井県立歴史博物館(福井県福井市大宮2-19-15)

莨屋(たばこや)旅館跡(福井県福井市照手1-14-3)
由利公正と坂本龍馬が将来を話し合った旅館。

煉瓦銀座之碑(東京都中央区銀座1-11-2)

由利公正墓所・海晏寺(東京都品川区南品川5丁目)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 佐久間勉(さくま つとむ)・福井の偉人
  2. ふるさと100話<39> 古郡文右衛門(福井県武生市・現越前市)…
  3. 朝倉孝景(あさくら たかかげ )・福井の偉人
  4. 松平春嶽〔慶永〕(まつだいら・しゅんがく)・福井の偉人
  5. 杉田玄白(すぎた げんぱく)・福井の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP