熊本の偉人

池辺三山(いけべ さんざん)・熊本の偉人

熊本市生まれ

1864(元治元年2月5日)-1912(明治45)年2月28日 49歳

国際ジャーナリストの先駆者。
徳富蘇峰、陸羯南とともに『三大ジャーナリスト』とよばれる。

熊本藩士の子に生まれる。

18歳で上京。中村正直の私塾・同人社に入った後、慶応義塾に学ぶ。

大阪で、東海散士とともに雑誌「経世評論」の編集にあたる。

再度上京し、「日本新聞」の客員となり、新聞界の桧舞台に立った。

明治26年、細川護茂のフランス留学に随伴し、ヨーロッパ五ヶ国を訪問。
留学中、日本新聞に寄せた巴里(パリ)通信はたちまち人気となり、彼の文名は一躍天下に轟いた。

帰国後の1896(明治29)年、「大阪朝日新聞」の主筆として入社。
翌年、「東京朝日新聞」の主筆となり論壇の中心の一人として活躍した。

彼は、言論界を通じて、政治、思想、文芸や我が国新文化の開発に貢献し功績を残した。

また二葉亭四迷や夏目漱石の入社に尽力し、文豪の小説を新聞連載したことでも知られる。

新聞博物館(熊本市世安町172)

池辺三山墓所・月桂寺(東京都新宿区河田町)

関連書籍

関連記事

  1. 徳富蘇峰(とくとみ そほう)・熊本の偉人
  2. 横井小楠(よこい しょうなん)・熊本の偉人
  3. 北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)・熊本の偉人
  4. 高橋政重(たかはし・まさしげ)・熊本の偉人
  5. 光永星郎(みつなが ほしお)・熊本の偉人
  6. 井上毅(いのうえ こわし)・熊本の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP