山口の偉人

狩野芳崖(かのう ほうがい)・山口の偉人

長府藩長府町印内(山口県下関市長府町)生まれ。

1828(文政11年1月13日)-1888(明治21)年11月5日 61歳

明治期の日本画家。
橋本雅邦とともに『狩野雅信門下の双璧』『二神足(にこうそく)』と称された。
日本画の名匠・『五名匠』のひとり。

長府藩毛利家の御用絵師・狩野晴皐(かのう せいこう)の子として生まれる。

幼少から絵の天分を発揮し、19歳のときに江戸にのぼり、木挽町狩野家勝川院雅信について十年間絵の修行をした。多くの門弟たちの中でも彼の技術は群をぬき、塾頭となり橋本雅邦とならんで雅信門下の双璧と称された。

しかし、狩野派の筆法に満足せず、師とも対立して破門されかかったこともある。

幕末の動乱期には、故郷の長府に帰って画業につくが、一時は描くことを中止し、武具の制作に従事したこともあった。明治維新後も、画業のかたわら養蚕や測量図の仕上げなどをして生活を支えたが、貧苦はつのるばかりだった。

明治12年、橋本雅邦の紹介で、「犬追物図」制作のため島津家に雇われやっと生活の安定を見、さらに1884(明治17)年、57歳の時、第二回内国絵画共進会の出品作『桜下勇駒図』でフェノロサ、岡倉天心に認められ、ようやくその労苦が報われる。

以後、日本画革新運動に参加し、美術学校の創設に努力、1888(明治21)年創設の東京美術学校の教授に決まっていたが、開校を目前に病死。

代表作は、「悲母観音図」「不動明王図「仁王捉鬼図」「八臂弁財天図」など。

「悲母観音図」は三年間精魂を打ち込んで描いた作品で、当時としては明治以降唯一の国宝指定を受けた。

狩野芳崖旧宅跡地(下関市長府印内町)

狩野芳崖銅像・覚苑寺(下関市長府安養寺町3-9)

狩野芳崖銅像・下関市立美術館(下関市長府黒門東町1-1)

狩野芳崖作品

狩野芳崖墓所・長安寺(東京都台東区谷中)

関連書籍

関連記事

  1. 伊藤博文(いとう ひろふみ)・山口の偉人
  2. 久坂玄瑞(くさか げんずい)・山口の偉人
  3. 乃木希典(のぎまれすけ)・山口の偉人
  4. 高杉晋作(たかすぎ しんさく)・山口の偉人
  5. 木戸孝允(きど たかよし)・山口の偉人
  6. 吉田松陰(よしだ しょういん)・山口の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP