山梨の偉人

高芙蓉(こう ふよう)・山梨の偉人

甲斐国高梨(甲府市あるいは甲斐市?)生まれ。

享保7年(1722)3月15日-天明4年(1784)4月26日 63歳

儒学者、篆刻(てんこく)家、画家。池大雅、韓天寿とともに「三岳道者」の一人。
日本における印章制度を確立して「印聖」と称される。

医師の子に生まれ一旦は医師をめざすも断念、文雅の道を志して京都に出て儒学を学ぶ。

池大雅ら文人墨客と交わる。
池大雅、韓天寿とは終生の友であり、三人は連れ立って富士山・白山・立山を登山。この旅を記念して三人それぞれが「三岳道者」を号したという。

詩文書画に優れた才を示したほか、有職故実に通じ、説文や音韻の学にも造詣が深かったが、ことに篆刻に長じた。当時流行の低俗な明朝風を退け、深く秦漢の古印を手本に、格調高い作風を打ち出し日本における印章制度を確立した。このため皆川淇園や柴野栗山らは印章学の大成者と見做して「印聖」と讚えた。

芙蓉は、「京焼の幕末三名人・江戸三大陶工」として有名な青木木米の師としても知られる。芙蓉宅付近に住んでいた木米は、少年期に書画や篆刻などを学んだ。

天明4年3月、常陸宍戸藩の松平頼救の招聘に応じて、江戸に赴くが、到着後ほどない4月26日(24日とも)、63歳で没した。

高芙蓉墓所(天徳寺・港区虎ノ門3)

京都・一心院にも墓碑(京都市東山区林下町457)

篆刻の歴史と発展―印学史 (篆刻叢書)

高芙蓉の篆刻

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 若尾逸平(わかお いっぺい)・山梨の偉人
  2. 武田四天王(たけだしてんのう)
  3. 雨宮敬次郎(あめみや けいじろう)・山梨の偉人
  4. 根津嘉一郎(ねづ かいちろう)・山梨の偉人
  5. 小林一三(こばやし いちぞう)・山梨の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP