石川の偉人

鈴木大拙(すずき だいせつ)・石川の偉人

石川県金沢市本多町生まれ。

1870(明治3)年10月18日-1966(昭和41)年7月12日 96歳

本名、鈴木貞太郎。石川県専門学校(後、第四高等中学校)時代に、西田幾多郎と出会い、生涯の友となる。中途退学し、一時英語教師となるが、上京して、東京専門学校(後、早稲田大学)、東京帝国大学に学ぶ。この頃から本格的に坐禅に取り組み始める。見性して、師釈宗演より「大拙」の居士号を受ける。明治30年に渡米し、足掛け12年間を過ごす。帰国後、学習院教授、大谷大学教授などを歴任。日本と欧米を行き来しつつ、仏教の研究と普及に精力を注いだ。

「西洋の方と比べてみるというと、どうしても、西洋にいいところは、いくらでもあると……いくらでもあって、日本はそいつを取り入れにゃならんが、日本は日本として、或は東洋は東洋として、西洋に知らせなけりゃならんものがいくらでもあると、殊にそれは哲学・宗教の方面だと、それをやらないかんというのが、今までのわしを動かした動機ですね。」(「也風流庵自伝」)ここでは大拙の問題意識が端的に語られている。実際、大拙は西洋の思想と言葉を深く学び、その上で自らの禅体験や仏教研究を基に、仏教(特に禅)を西洋へ伝えようとした。勉学と長年のアメリカ生活で身につけた英語で、仏典の英訳、(欧米での)仏教の講演などを行い、さらには史上初の英文による仏教研究雑誌“ EASTERN BUDDHIST ”を創刊、自らも多くの論文を発表した。これらの活動を通して、多くの人々の仏教への関心を喚起すると共に、西洋と東洋との対話の場を開く基礎を築いた。大拙の思想は、心と体といったような一見相容れない二つのものが実は同一のものの両面であるという一元論的な立場に立っている。『金剛経』の研究から得た「即非の論理」は新たな同一性の論理を、日本宗教史の考察において提出された「日本的霊性」は二元を総合的に把握する立場を表したものである。その思索は、禅体験や仏教研究、そして親友西田幾多郎との相互の影響を通じて培われたものであった。(京都大学文学部日本哲学史研究室HPより)

鈴木大拙生誕地

金沢市立ふるさと偉人館

鈴木大拙墓所 東慶寺(鎌倉市山の内)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 高峰譲吉(たかみね じょうきち)・石川の偉人
  2. 三宅雪嶺(みやけ せつれい)・石川の偉人
  3. 徳田秋声(とくだ・しゅうせい)・石川の偉人
  4. 泉鏡花(いずみ きょうか)・石川の偉人
  5. 前田利長(まえだ・としなが)・富山/石川の偉人
  6. 西田幾多郎(にしだ・きたろう)・石川の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP