大阪の偉人

土佐光起(とさ みつおき)・大阪の偉人

和泉国堺生まれ。

1617(元和3年10月23日)-1617(元禄4年9月25日)75歳

江戸時代の土佐派を代表する絵師(画家)。

1654(承応3)年、室町末期以降途絶えていた宮廷の絵所預となり、大和絵の主流だった土佐派を再興。狩野派と対抗した。漢画の手法を取り入れ、新しい土佐派の画風を興す。
後に剃髪して常昭と号した。京都で没。
代表作は、「北野天神縁起絵巻」「三十六歌仙図屏風」「源氏物語図屏風」など。

人気ランキング応援クリック!ご協力お願いします。

関連記事

  1. 木村蒹葭堂(きむら けんかどう)・大阪の偉人
  2. 大塩平八郎(おおしお へいはちろう)・大阪の偉人
  3. 安岡正篤(やすおか まさひろ)・大阪の偉人
  4. 五代友厚(ごだい ともあつ)・鹿児島の偉人
  5. 契沖(けいちゅう)・兵庫/大阪の偉人
  6. 与謝野晶子(よさの あきこ)・大阪の偉人
  7. 与謝蕪村(よさ ぶそん)・大阪の偉人
  8. 武野紹鴎(たけの・じょうおう)・奈良/大阪の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP