愛媛の偉人

尾藤二洲(びとう・じしゅう)・愛媛の偉人

尾藤二洲(びとう・じしゅう)・愛媛の偉人

伊予国宇摩郡川之江村(愛媛県四国中央市川之江町)生まれ。

延享4年(1747)10月8日-文化10年(1813)12月14日 

儒学者。昌平黌教授。
柴野栗山、岡田寒泉とともに寛政三博士(寛政の三助)のひとり。

廻船業者の子に生れる。
5歳のとき、右足を負傷し、その後、足が不自由になる。

大坂に出て苦学の末、私塾を開き朱子学の普及に尽くす。

寛政3年(1791)幕府に用いられて、昌平黌(昌平坂学問所)の教授となり約20年間にわたって、朱子学を再び盛んにすることに努力した。

『素餐録』『正学指掌』『称謂私言』などの著書がある。

尾藤二洲生誕地碑(愛媛県四国中央市川之江町)

尾藤二洲銅像(かわのえ高原ふるさと館・愛媛県四国中央市川之江町2217-83)

愛媛人物博物館(愛媛県生涯学習センター・愛媛県松山市上野町甲650)

尾藤二洲墓所(大塚先儒墓所・東京都文京区大塚5-39)

尾藤二洲伝 (1979年)

寛政三博士(寛政の三助)

江戸寛政年間の昌平坂学問所の儒官。

柴野栗山(しばの りつざん)・香川の偉人
岡田寒泉(おかだ かんせん)・江戸生まれ
尾藤二洲(びとう じしゅう)・愛媛の偉人

岡田寒泉にかわり、古賀精里(こが せいり)・佐賀の偉人を加える場合もある。

週刊ダイヤモンド別冊 歴学 ニッポン株式会社をつくった史上最強の男たち 2010年 10/17号 [雑誌]

『週刊ダイヤモンド別冊・歴学・ ニッポン株式会社をつくった史上最強の男たち』(2010年9月17日発売)に記事掲載しました。

クリックおねがいします!
   ↓
人気ブログランキングへ

こちらもクリックおねがいします!!
   ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 児島惟謙(こじま・これたか)・愛媛の偉人
  2. 井関邦三郎(いせき くにさぶろう)・愛媛の偉人
  3. 広瀬宰平(ひろせ・さいへい)・滋賀/愛媛の偉人
  4. ふるさと100話<82> 下見吉十郎(愛媛県上浦町・現今治市)
  5. 二宮忠八(にのみや ちゅうはち)・愛媛の偉人
  6. 正岡子規(まさおか しき)・愛媛の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP