静岡の偉人

江原素六(えばら そろく)・静岡の偉人

東京生まれ。沼津ゆかりの偉人。

1842年(天保13年)-1922年(大正11年) 80歳

教育家、実業家、衆議院議員・貴族院議員。

 極貧の子として江戸に生まれる。幕府の出仕し、砲術を教える。鳥羽伏見の戦いに参戦。明治維新により沼津へ移り住み、沼津兵学校、駿東女学校(現・静岡県立沼津西高等学校)や麻布学園を創設。愛鷹山官林の払い下げ運動で功績があり、また、西洋式の牧畜をはじめたり、アメリカ向けの茶の輸出会社の設立などを行ったが、これは誰もがしたことなのない独創的な試みであった。
 駿東郡長の後、第1回衆議院議員総選挙で当選、1912年に貴族院議員。没年まで政治家として活躍した。また1877年にキリスト教信者になってからは、沼津教会を設立、東京キリスト教青年会 (YMCA) の理事長などもつとめ、積極的に宗教活動を行った。 また、女性・子供・病人など、社会の中で弱い立場にいる人々や、中国人留学生をはじめとする日本に虐げられたアジアの国の人々のために、いろいろな救護活動を行った偉人である。

江原素六記念館(沼津市)

沼津市内各所に、緬羊牧場跡の碑、三椏楮苗圃跡の碑、江原牧場跡の碑、愛鷹山払下記念碑がある。

江原素六墓所・江原公園(沼津市)

関連書籍

人気ランキング応援クリック!

関連記事

  1. 山葉寅楠(やまは・とらくす)・和歌山/静岡の偉人
  2. 由井正雪(ゆい しょうせつ)・静岡の偉人
  3. 鈴木梅太郎(すずき うめたろう)・静岡の偉人
  4. 賀茂真淵(かもの まぶち)・静岡の偉人
  5. 豊田佐吉(とよだ さきち)・静岡の偉人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 華岡青洲(はなおか せいしゅう)| 和歌山の偉人

江戸の偉人たち

PAGE TOP